帰って来た放蕩息子の歌

長年神を信じたあなたがなぜいまだにこうなのだ

キリストの裁きの座の前に立っても、

あなたはまったく気にしていないようだ

あなたの退廃的な顔は無関心な態度をあらわす

不当な扱いを受け、神に従う心をなくしたかのように

堕落した放蕩息子よ、あなたはそんなに頑なにどこに向かっている

あなたは神の指揮に従い、自分で選択していないように見える

岐路でぶらつき、初めの「信仰」を失っている

毅然として死に直面し、芒洋とした未来へと進む

もやの中で、あなたは「大きな信仰」を持っているようだ

神に捨てられいないから、好きなようにし続ける

途方もない欲望があなたの主観的な努力に取って代わる

消極性の重荷に耐え切れず、それをまだ取り除いてもいない

あなたの良心と理知はどこに行った。

いまだにあなたは目覚めていない

あなたは本当に役立たずで無能だ

自分の高尚な人格は神聖不可侵だと思っている

肉となった神でさえ謙っているが、堕落した人には尊厳がない

あなたが自分をまったく知らないことは悲劇だ

その堂々たる外見の中には卑しい悪人が潜んでいる

神があなたを不当に扱ったからか、

それとも真理がないことを恥じているからか

堕落した性質が少しも変わっていないのに、

本分を尽くしているとどうして言える

神の裁きはあなたにどんな効果を与えたのだ

遅かれ早かれ、風がすべての籾殻を吹き飛ばし

その時あなたは後悔しても遅く、泣いて歯軋りするだろう

だから今、気をしっかり持って真理を求め、賢くなるのだ

前へ: この心の深い後悔

次へ: ああ神よ 私は本当にあなたの愛に値しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索