終わりの日における神の働きの目的

終わりの日における神の働きは、これまでわたしが何度も述べてきたように、人間の深く傷ついた心が一新されるように各人の霊を変化させ、魂を変化させるようにし、よって邪悪により極めて深い傷を負っている人間の霊を救うため、人間の魂を目覚めさせ、凍えた心を温め、回復出来るようにするためのものである。これが神の偉大な心である。人間の人生と経験がどれほど高尚か、深淵かといった話はさておき、人間の心が目覚め、夢から醒めて、赤い大きな竜が与えた傷を十分に理解した時、神の務めの業は完了する。神の業が完了する日は、神への正しい信仰を人間が正式に開始する日でもある。その時、肉にある神の業は完了し、人間は正式に尽くすべき本分にとりかかり、自分の務めを行うであろう。これが神の業の各段階である。


神の業は、贖われた人間、未だ闇の力の下で暮らしている人間、そして一度も目覚めなかった人間を、悪魔の集まる場所から完全に救うことだからである。神の業は、人間が数千年の罪から逃れて神に愛され、赤い大きな竜を完全に打ち倒して神の国を建て、一層早く神の心を安らげるためのものである。また神の業は、あなたがたの胸に溜まっている憎しみを、例外無く払拭し、そうしたかびのような菌を根絶し、あなたがたが牛や馬同然の生活から脱出できるようにし、奴隷状態から解放され、赤い大きな竜により意のままに踏みつけられたり支配されたりすることから解放されるためのものである。あなたがたは、この行き詰まった国の国民ではなくなり、凶悪な赤い大きな竜のものでは無くなり、赤い大きな竜に奴隷とされることは無くなるであろう。そうした悪魔の巣窟は神により粉砕されることは確実であり、あなたがたは神の傍らに立つであろう。あなたがたは神のものであり、奴隷の帝国に帰属しない。


『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より編集

前へ: 終わりの日の受肉した神は言葉で人を完全にする

次へ: 神の義なる終わりの日の裁きは人類を分類する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで・…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索