真理の追求には大きな意義がある

人はあまりにも深くサタンに堕落させられ、すっかり人間らしさを失っている

傲慢、欺瞞、利己心、卑劣さ、これらはすべてサタンの素顔

人はサタンの本性をもつ以上、神の裁きを受け入れねばならない

真理といのちを得て初めて、人の性質に変化が生じる

神を信じ、神の働きに従うことは天の法則、地の道理だ

真理を愛することは、いのちに入るための鍵

現実に入るには真理を理解し、実践するしかない

神を信じるとき、神を愛せること、従えることが大切だ


キリストが表した言葉はすべて真理であり、いのち

御言葉の実践と経験は、神への信仰の土台

御言葉の裁きを経験することで、私は自らを知る

裁き、試練、精錬が私の堕落を清める

神が善に報い、悪を罰することで、神の義と聖さが明らかにされる

真理の現実に欠ければ、災いの犠牲となる

御言葉の裁きを受け入れないのは、何と愚かで盲目だろうか

罰せられ死ぬ間際に気づいてからでは遅過ぎる


終わりの日のキリストは、永遠のいのちの道をもたらす

真理の価値と意義は誰にも測り知れない

神の裁きと刑罰なくして、いのちを得ることはできない

意義ある人生とは神を信じ、真理といのちを追い求めることから来る

真の人生を生きるには真理を得るしかない

真理を持っているかどうかに基づいて、神は人の結末を定める

神の業はまったく義であり、人は疑うべきではない

大災害がサタンのものすべてを滅ぼし

真理を得た者は皆、永遠に神の国に留まる

前へ: 神の言葉は光

次へ: 神の愛が私の魂を目覚めさせる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索