真理の追求には大きな意義がある

人はあまりにも深くサタンに堕落させられ、すっかり人間らしさを失っている

傲慢、欺瞞、利己心、卑劣さ、これらはすべてサタンの素顔

人はサタンの本性をもつ以上、神の裁きを受け入れねばならない

真理といのちを得て初めて、人の性質に変化が生じる

神を信じ、神の働きに従うことは天の法則、地の道理だ

真理を愛することは、いのちに入るための鍵

現実に入るには真理を理解し、実践するしかない

神を信じるとき、神を愛せること、従えることが大切だ

キリストが表した言葉はすべて真理であり、いのち

御言葉の実践と経験は、神への信仰の土台

御言葉の裁きを経験することで、私は自らを知る

裁き、試練、精錬が私の堕落を清める

神が善に報い、悪を罰することで、神の義と聖さが明らかにされる

真理の現実に欠ければ、災いの犠牲となる

御言葉の裁きを受け入れないのは、何と愚かで盲目だろうか

罰せられ死ぬ間際に気づいてからでは遅過ぎる

終わりの日のキリストは、永遠のいのちの道をもたらす

真理の価値と意義は誰にも測り知れない

神の裁きと刑罰なくして、いのちを得ることはできない

意義ある人生とは神を信じ、真理といのちを追い求めることから来る

真の人生を生きるには真理を得るしかない

真理を持っているかどうかに基づいて、神は人の結末を定める

神の業はまったく義であり、人は疑うべきではない

大災害がサタンのものすべてを滅ぼし

真理を得た者は皆、永遠に神の国に留まる

前へ: 神の言葉は光

次へ: 神の愛が私の魂を目覚めさせる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索