真理の追求には大きな意義がある

人はあまりにも深くサタンに堕落させられ、すっかり人間らしさを失っている

傲慢、欺瞞、利己心、卑劣さ、これらはすべてサタンの素顔

人はサタンの本性をもつ以上、神の裁きを受け入れねばならない

真理といのちを得て初めて、人の性質に変化が生じる

神を信じ、神の働きに従うことは天の法則、地の道理だ

真理を愛することは、いのちに入るための鍵

現実に入るには真理を理解し、実践するしかない

神を信じるとき、神を愛せること、従えることが大切だ


キリストが表した言葉はすべて真理であり、いのち

御言葉の実践と経験は、神への信仰の土台

御言葉の裁きを経験することで、私は自らを知る

裁き、試練、精錬が私の堕落を清める

神が善に報い、悪を罰することで、神の義と聖さが明らかにされる

真理の現実に欠ければ、災いの犠牲となる

御言葉の裁きを受け入れないのは、何と愚かで盲目だろうか

罰せられ死ぬ間際に気づいてからでは遅過ぎる


終わりの日のキリストは、永遠のいのちの道をもたらす

真理の価値と意義は誰にも測り知れない

神の裁きと刑罰なくして、いのちを得ることはできない

意義ある人生とは神を信じ、真理といのちを追い求めることから来る

真の人生を生きるには真理を得るしかない

真理を持っているかどうかに基づいて、神は人の結末を定める

神の業はまったく義であり、人は疑うべきではない

大災害がサタンのものすべてを滅ぼし

真理を得た者は皆、永遠に神の国に留まる

前へ: 神の良い知らせを待ち望みます

次へ: 真理を得るまで私は休まない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索