神の前で静まる者だけがいのちに集中する


神の前で静まれる者は

世の束縛から解放された人であり

神に彼らを占めさせることが出来る

神の前で静まれない者は堕落していて

慎みがない人であり

彼らは身勝手で ひどくわがままである

神の前で静まれる者は皆神を慕う

敬虔な人である

神の前で静まれる者は

いのちと霊の交わりを大切にする人であり

神の前で静まれる者は

神の言葉を渇望し

真理を追い求める人である


神の前で静まることを無視したり

それを実行しない者は

世に執着する 虚栄心の強い人である

彼らは命を持たず

神を信じていると主張しても真実ではなく

口から出まかせの空しい言葉である

静まれる者を神は完全にし 完成させ

祝福を授ける

神の前で静まれる者は

いのちと霊の交わりを大切にする人であり

神の前で静まれる者は

神の言葉を渇望し

真理を追い求める人である


神の言葉をめったに食べ飲みしない者

いのちに入ることを気にかけず

外側のことに集中する者は偽善者であり

彼らに未来はない

神の民は神の前に静まり

神と心を通わせる人たちである

神の前で静まれる者は

いのちと霊の交わりを大切にする人であり

神の前で静まれる者は

神の言葉を渇望し

真理を追い求める人である

『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 神を仰ぎ見て神にすがるのが最も偉大な知恵

次へ: あなたは神の前で心を静めるように注意すべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神の愛

この人の海の中で 神が終わりの日に肉となるのを 誰が知っていようか 神は教会を巡って話し 神の働きをされる 静かに真理を表しながら 神は謙り隠れている 神は大きな屈辱に耐える ああ神よ あなたは肉となられ 人類を救うため 多くの苦難を味わわれた なぜ人類は あなたを否定し拒絶する…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索