425 神の前で静まる者だけがいのちに集中する

1

神の前で静まれる者は

世の束縛から解放された人であり

神に彼らを占めさせることが出来る

神の前で静まれない者は堕落していて

慎みがない人であり

彼らは身勝手でひどくわがままである

神の前で静まれる者は皆神を慕う

敬虔な人である

神の前で静まれる者は

いのちと霊の交わりを大切にする人であり

神の前で静まれる者は

神の言葉を渇望し

真理を追い求める人である

2

神の前で静まることを無視したり

それを実行しない者は

世に執着する虚栄心の強い人である

彼らは命を持たず

神を信じていると主張しても真実ではなく

口から出まかせの空しい言葉である

静まれる者を神は完全にし 完成させ

祝福を授ける

神の前で静まれる者は

いのちと霊の交わりを大切にする人であり

神の前で静まれる者は

神の言葉を渇望し

真理を追い求める人である

3

神の言葉をめったに食べ飲みしない者

いのちに入ることを気にかけず

外側のことに集中する者は偽善者であり

彼らに未来はない

神の民は神の前に静まり

神と心を通わせる人たちである

神の前で静まれる者は

いのちと霊の交わりを大切にする人であり

神の前で静まれる者は

神の言葉を渇望し

真理を追い求める人である

『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 424 神を仰ぎ見て神にすがるのが最も偉大な知恵

次へ: 426 あなたは神の前で心を静めるように注意すべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索