いつも神の前に静まれ

失敗しても、真理を求め

神の御心を知れば、強さがみなぎる

自分に何が欠けているかを神に告げ

常に神の真理について交わろう

試練が来たら受け入れ

静かに神の前に座し

御言葉を読み、真理を知り

過ちを正そう

魂は意気揚々で、神を拝する

神の前に静まり、自分を省みなさい

反抗して肉に執着し

神の心を傷つけないように。

神の前に静まれ

真理によって人間として生き

試練の中で証に立ち、神を満足さなさい

神の前に静まれ

神の前に静まり、自分を省みなさい

たとえ過ちを犯しても

神への愛を求めよう

悔い改めさえすれば

神の憐れみを受けられる

真理を追い求め

神を証しなければならない

これこそが我らの果たすべき本分

魂は意気揚々とし、我らは神を拝する

神の前では静かに、自分を省みなさい

反抗して肉に執着し

神の心を傷つけないように

神の前に静まれ

真理によって人として生き

試練の中で証に立ち、神を満足させなさい

神の前に静まれ

神の前に静まり、自分を省みなさい

真理によって人として生き

試練の中で証に立ち、神を満足させなさい

神の前に静まれ

神の前に静まり、自分を省みなさい

神の前に静まれ

神の前に静まり、自分を省みなさい

前へ: 神の御前で静まる

次へ: 神の真の愛

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索