精錬とは神が人を完全にする最良の方法

神の精錬が多いほど人はより神を愛し

心の苦痛はいのちの益となる

神の前で平安になり

彼らはより神に近づき

神の愛と救いを見ることができる

ペテロは何百回も精錬を経験し

ヨブは幾つかの試練を経験した

あなたも精錬されるべきだ

何百もの試練を経験し

この段階に頼らねばならない

そうすればあなたは神を満足させることができ

神はあなたを完全にするだろう

あなたはある段階まで精錬された時

自分の弱さと問題を見るだろう

自分がどれだけ欠けていて

問題を克服できず

不遜であるかをあなたは知るだろう

試練はあなたの真の状態を示すだろう

そして試練はあなたを完全に

より完全にすることができる

人々に苦難がなければ

神への真の愛に欠けるだろう

試みを受けず精錬の対象にならないなら

彼らの心は常に外の世界に流れ出すだろう

精錬は人が完全にされる最良の方法である

試練と精錬により人は神を真に愛する

そう 人は真に神を愛する

『言葉は肉において現れる』の「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」より編集

前へ: 苦難と精錬を通してのみ神に完全にされる

次へ: 精練の苦しみを経て初めて、人の愛は純粋になる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索