629 宗教的観念を放棄したか

1 現在、混乱した状態で神を信じている人々が多くいる。あなたがたは好奇心が過剰で、祝福を求める願望が強すぎ、いのちを求める熱意は少なすぎる。事実、あなたがたはうわべだけ神に従っていて、まったく真の道を求めに来ず、いのちを得るという目的でここへ来ていない。あなたがたの姿勢は単に、事の成り行きを見たいというものだ。あなたがたは従来の観念の多くを払拭できずにいるため、誰一人として完全に身を捧げることはできていない。この段階になっても、まだ自分自身の運命を心配し、日夜思い悩んで、決してそれを忘れることができない。

2 わたしがパリサイ人について話すとき、宗教の「古い人々」の話をしていると思っているのか。あなたがた自身、現代の最も進歩的なパリサイ人の代表ではないか。わたしが聖書に照らしてわたしを測る者の話をするとき、それが宗教界の聖書専門家だけを指していると思うのか。神を再び十字架にかける者の話をするとき、それを宗教界の指導者たちのことだと考えているのか。あなたがた自身が、そうした役を演じるのにもっともふさわしい役者ではないか。わたしが人々の観念に反論するために語る言葉はすべて、ただ宗教界の牧師や長老を揶揄していると思っているのか。あなたがた自身、そうしたことすべてに関与していたのではないか。

3 自分たちはほとんど観念を抱いていないという確信があるのか。あなたがたはただ皆、学んで利口になっただけのことだ。そして理解していないことについては話さず、それについての感情も露わにしないが、あなたがたの中には畏敬や服従の心がまったく存在しない。あなたがたにとっては、研究し、観察し、そして待つことが、今日の最善の実践方法なのだ。あなたがたは学んだ結果、過度に利口になっているが、それが一種の心理的な狡猾さであることを知っているのか。自分のつかの間の利口さが、永遠の刑罰を逃れるために役立つと思っているのか。

『言葉は肉において現れる』の「働きを理解しなさい――混乱したまま付き従ってはならない」より編集

前へ: 628 神によって完全にされるために宗教観念を捨て去りなさい

次へ: 630 人を経営する神の働きについての真実

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索