131 後悔する心

神の言葉を両手に持ち、言いようのない後悔の念に苛まれる。

御言葉はすべて真理なのに、真剣に追い求めなかった自分を悔やむ。

かつて、神を愛する私の心は決して変わらないと固く誓った。

サタンに追われ、濡れ衣を着せられ、心が震え逃げ出してしまった。

試練に直面すると動揺して倒れたが、

まだ私は自分の前途と運命への思いにしがみついたまま。

かつての熱意は風で霧散し、失望して自暴自棄になった。

醜い姿、

悲しみに暮れた目、落胆した顔、

一体どうしてこんなことになったのか。

神の言葉に照らして自己反省すると、ようやく私の心は真理に目覚める。

すべてを犠牲にして神に尽くしたのは、ただ祝福を受け天国へ入るため。

神を愛していると言いながら、神に自分の真心を捧げることなく、

いつも神と取引しようとしてきた。

私には良心も理知もなく、どれほど堕落しているのかを知る。

すべての祈りで神をごまかし、神を畏れる心がなかった。

恥ずかしくて神に顔向けできない。神の心を傷つけた自分を悔やむ。

永遠の罪責と悔恨だけが残る。

耐え難い記憶が心の奥底に埋もれている。

心から悔い改め、負債を清算したい。

神の裁きの御言葉を受け入れ、堕落したありのままの自分を知る。

御言葉は私を裁き、罰し、試練の中で祝福への欲求を取り除く。

堕落した私を救い清めてくれるのは神の裁き。

悔恨に満たされて神の前にひれ伏し、今人としての生き方を知る。

神は真理を表し人類を救うため、屈辱と痛みを耐え忍ぶ。

しかし私には何もお返しできず、焦燥に駆られる。

どうして神を待たせ続けられようか。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

神は真理を表し人類を救うため、屈辱と痛みを耐え忍ぶ。

しかし私には何もお返しできず、焦燥に駆られる。

どうして神を待たせ続けられようか。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

前へ: 130 神の恵みは海のように深い

次へ: 132 名残惜しい別れ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索