後悔する心

神の言葉を両手に持ち、言いようのない後悔の念に苛まれる。

御言葉はすべて真理なのに、真剣に追い求めなかった自分を悔やむ。

かつて、神を愛する私の心は決して変わらないと固く誓った。

サタンに追われ、濡れ衣を着せられ、心が震え逃げ出してしまった。

試練に直面すると動揺して倒れたが、

まだ私は自分の前途と運命への思いにしがみついたまま。

かつての熱意は風で霧散し、失望して自暴自棄になった。

醜い姿、

悲しみに暮れた目、落胆した顔、

一体どうしてこんなことになったのか。


神の言葉に照らして自己反省すると、ようやく私の心は真理に目覚める。

すべてを犠牲にして神に尽くしたのは、ただ祝福を受け天国へ入るため。

神を愛していると言いながら、神に自分の真心を捧げることなく、

いつも神と取引しようとしてきた。

私には良心も理知もなく、どれほど堕落しているのかを知る。

すべての祈りで神をごまかし、神を畏れる心がなかった。

恥ずかしくて神に顔向けできない。神の心を傷つけた自分を悔やむ。

永遠の罪責と悔恨だけが残る。

耐え難い記憶が心の奥底に埋もれている。

心から悔い改め、負債を清算したい。


神の裁きの御言葉を受け入れ、堕落したありのままの自分を知る。

御言葉は私を裁き、罰し、試練の中で祝福への欲求を取り除く。

堕落した私を救い清めてくれるのは神の裁き。

悔恨に満たされて神の前にひれ伏し、今人としての生き方を知る。

神は真理を表し人類を救うため、屈辱と痛みを耐え忍ぶ。

しかし私には何もお返しできず、焦燥に駆られる。

どうして神を待たせ続けられようか。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

神は真理を表し人類を救うため、屈辱と痛みを耐え忍ぶ。

しかし私には何もお返しできず、焦燥に駆られる。

どうして神を待たせ続けられようか。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

前へ: 神の心はまだなだめられていない

次へ: あなたは私の真のいのち

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた方…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索