後悔する心

神の言葉を両手に持ち、言いようのない後悔の念に苛まれる。

御言葉はすべて真理なのに、真剣に追い求めなかった自分を悔やむ。

かつて、神を愛する私の心は決して変わらないと固く誓った。

サタンに追われ、濡れ衣を着せられ、心が震え逃げ出してしまった。

試練に直面すると動揺して倒れたが、

まだ私は自分の前途と運命への思いにしがみついたまま。

かつての熱意は風で霧散し、失望して自暴自棄になった。

醜い姿、

悲しみに暮れた目、落胆した顔、

一体どうしてこんなことになったのか。


神の言葉に照らして自己反省すると、ようやく私の心は真理に目覚める。

すべてを犠牲にして神に尽くしたのは、ただ祝福を受け天国へ入るため。

神を愛していると言いながら、神に自分の真心を捧げることなく、

いつも神と取引しようとしてきた。

私には良心も理知もなく、どれほど堕落しているのかを知る。

すべての祈りで神をごまかし、神を畏れる心がなかった。

恥ずかしくて神に顔向けできない。神の心を傷つけた自分を悔やむ。

永遠の罪責と悔恨だけが残る。

耐え難い記憶が心の奥底に埋もれている。

心から悔い改め、負債を清算したい。


神の裁きの御言葉を受け入れ、堕落したありのままの自分を知る。

御言葉は私を裁き、罰し、試練の中で祝福への欲求を取り除く。

堕落した私を救い清めてくれるのは神の裁き。

悔恨に満たされて神の前にひれ伏し、今人としての生き方を知る。

神は真理を表し人類を救うため、屈辱と痛みを耐え忍ぶ。

しかし私には何もお返しできず、焦燥に駆られる。

どうして神を待たせ続けられようか。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

神は真理を表し人類を救うため、屈辱と痛みを耐え忍ぶ。

しかし私には何もお返しできず、焦燥に駆られる。

どうして神を待たせ続けられようか。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

本分を尽くし、心と体を神に捧げると決意する。使命を果たし、私は神を証しする。

前へ: 神の恵みは海のように深い

次へ: 名残惜しい別れ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索