642 モアブの子孫がなすべき決意

1 モアブの子孫ほど後進的で堕落した者はいない。もしこのような人たちが征服されたなら、つまり最も堕落して、神を認めず、神が存在することを信じてもいなかった人たちが征服されようものなら、そして、その口で神を認め、神を讃え、神を愛せるのなら、それこそが征服の証しである。あなたがたはペテロではないが、ペテロの姿で生きており、ペテロの証しを自分のものとすることができる。ヨブに関しても然りであり、それは最も偉大な証しである。

2 最終的にあなたはこのように言う。「わたしたちはイスラエル人ではなく、見捨てられたモアブの子孫だ。またペテロでもなく、彼の素質にわたしたちは及ばない。またヨブでもない。神のために苦しみ、神に自らを捧げ尽くしたパウロの決意には匹敵することさえできない。そして、わたしたちはひどく遅れている。だから、わたしたちは神の祝福を享受する資格がない。それにもかかわらず、今日、神はわたしたちを引き上げた。だからわたしたちは神を満足させなければいけない。また、素質や資格が不十分であっても、わたしたちには神を満足させたいという思いがある。わたしたちにはその決意がある。わたしたちはモアブの子孫で、呪いを受けた。これは神の定めたことで、わたしたちには変えることはできない。しかし、わたしたちの生きざま、わたしたちの認識は変えられる。そしてわたしたちは神を満足させようと固く心に決めている」。

『神の出現と働き』「征服の働きの内幕(2)」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 641 神はモアブの子孫たちを引き上げる

次へ: 643 モアブの子孫への神の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索