モアブの子孫がなすべき決意

モアブの子孫ほど落後し堕落した民はいない

彼らは神を認めないので 彼らを征服して

彼らが神を愛し 讃えられるようになれば

それは征服の証しとなるだろう


あなたはペテロではないが

そのイメージを体現し

ヨブやペテロのように証言できる

それこそが最も優れた証しだ

最後にあなたは言うだろう

「我らはイスラエルの民ではない

我らは見捨てられたモアブの子孫なので

神の祝福を味わうに値しない」と

最後にあなたは言うだろう

「我らは呪われたモアブの子孫だ

これは神が命じたことなので変えられないが

生き方と認識は変えることができる

それ故 我らは神を満足させることを決意する」

我らはペテロではなく

彼のような素質はない

我らはヨブではないし

パウロのような決意もなく

彼がしたほど神に献身することもできないが

神は今日も我らを引き上げてくれる

だから我らは神を満足させなければならないが

我らにはその意志がある

資格はないがこの決意がある

最後にあなたは言うだろう

「我らは呪われたモアブの子孫だ

これは神が命じたことなので変えられないが

生き方と認識は変えることができる

それ故 我らは神を満足させることを決意する」


『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(2)」より編集

前へ: 神のために証することに本当に自信があるか

次へ: 神の憐みにより人は今日まで生存することができた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索