モアブの子孫がなすべき決意

モアブの子孫ほど落後し堕落した民はいない

彼らは神を認めないので 彼らを征服して

彼らが神を愛し 讃えられるようになれば

それは征服の証しとなるだろう

あなたはペテロではないが

そのイメージを体現し

ヨブやペテロのように証言できる

それこそが最も優れた証しだ

最後にあなたは言うだろう

「我らはイスラエルの民ではない

我らは見捨てられたモアブの子孫なので

神の祝福を味わうに値しない」と

最後にあなたは言うだろう

「我らは呪われたモアブの子孫だ

これは神が命じたことなので変えられないが

生き方と認識は変えることができる

それ故 我らは神を満足させることを決意する」

我らはペテロではなく

彼のような素質はない

我らはヨブではないし

パウロのような決意もなく

彼がしたほど神に献身することもできないが

神は今日も我らを引き上げてくれる

だから我らは神を満足させなければならないが

我らにはその意志がある

資格はないがこの決意がある

最後にあなたは言うだろう

「我らは呪われたモアブの子孫だ

これは神が命じたことなので変えられないが

生き方と認識は変えることができる

それ故 我らは神を満足させることを決意する」

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(2)」より編集

前へ: 神はモアブの子孫たちを引き上げる

次へ: モアブの子孫への神の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索