モアブの子孫がなすべき決意

モアブの子孫ほど落後し堕落した民はいない

彼らは神を認めないので 彼らを征服して

彼らが神を愛し 讃えられるようになれば

それは征服の証しとなるだろう

あなたはペテロではないが

そのイメージを体現し

ヨブやペテロのように証言できる

それこそが最も優れた証しだ

最後にあなたは言うだろう

「我らはイスラエルの民ではない

我らは見捨てられたモアブの子孫なので

神の祝福を味わうに値しない」と

最後にあなたは言うだろう

「我らは呪われたモアブの子孫だ

これは神が命じたことなので変えられないが

生き方と認識は変えることができる

それ故 我らは神を満足させることを決意する」

我らはペテロではなく

彼のような素質はない

我らはヨブではないし

パウロのような決意もなく

彼がしたほど神に献身することもできないが

神は今日も我らを引き上げてくれる

だから我らは神を満足させなければならないが

我らにはその意志がある

資格はないがこの決意がある

最後にあなたは言うだろう

「我らは呪われたモアブの子孫だ

これは神が命じたことなので変えられないが

生き方と認識は変えることができる

それ故 我らは神を満足させることを決意する」

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内なる真実(2)」より編集

前へ: 神はモアブの子孫たちを引き上げる

次へ: モアブの子孫への神の働きの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索