165 誠実な人になろうと志す

以前、主に対する私の信仰はただ、深遠な聖書の理論を理解したいがためだった。

私たちに誠実な人であれという主の要求を実践したり始めたりしようとは、気にもとめなかった。

神を欺いたり神に抵抗したりするようなことをしたが、それでも私は麻痺して無感覚だった。

たびたび祈り讃美するのはただ祝福を引き出したいがためだった。

神を愛すると誓ったのに、試練が降りかかると誤解し不平を言った。

主のために頑張って働いたのは、冠や見返りを得るためだけだった。

謙虚で忍耐強いふりをしたが、私の心は傲慢と欺瞞に満ちていた。

聖書の知識をたくさん理解していたが、私はまだ罪に縛られていた。

私はパリサイ人の道を歩きながら天国に引き上げられることを猛烈に願っていた。

今になって、私は神の言葉による裁きと刑罰を受けて初めて自分の過ちに気づいた。

自分の不正と欺瞞を、自分には人間性の欠片もないことを、はっきりと知った。

私は理論にばかり気を取られ、真理を実践せず、我が道を行った。

神の裁きと清めにより、私は正直な人の似姿を生きられる。

神の言葉の一つ一つが真理であり、何より私にとって人間の在り方の土台なのだ。

真理に依って振る舞うのが尊厳のある人生であり、私の霊は落ち着き安らかになる。

神の本質は信実であり、神は誠実な者を好み嘘つきを嫌う。

誠実な者だけが真理を愛し、神に最も祝福されるのだ。

誠実な者は神を愛し神に従い、誠実な者だけが天国に入れるのだ。

前へ: 164 患難を通して神への愛が強まる

次へ: 166 神の美しさを我々が知りますように

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索