終わりの日のキリストは神の経営計画の奥義を明かす

神の六千年の計画の働きのビジョンは

人には秘められた奥義なので

悟れる者はいない

人が聖書にどんなに見識を持っていたとしても

それは文字にすぎない

何故なら人はその本質を知らないからだ

この六千年の働きは

あらゆる預言より神秘的で

天地創造から今に至るまで最大の奥義である

全世界、全時代の預言者の誰一人として

この奥義を解き明かせた者はなく

それは終わりの日に現れる

六千年の計画は深く秘められた奥義で

人には測り知れず

誰も神の心を理解できない

神が語り啓示しない限り

それは神秘であり続け

宗教家は言うまでもなく

伝えられなければ

あなた方も知ることはない

聖書を読めば

人は幾つかの真理を理解し

字句を解釈し

章を調べるかもしれないが

意味は解き明かせない

人に見えるのは

ヤーウェやイエスの働きではなく

死んだ言葉だけで

その全ての働きの奥義を解き明かす術は無い

この六千年の働きは

あらゆる預言より神秘的で

天地創造から今に至るまで最大の奥義である

全世界、全時代の預言者の誰一人として

この奥義を解き明かせた者はなく

それは終わりの日に現れる

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神はあなたがたを完成させようと決意した

次へ: 終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索