終わりの日のキリストは神の経営計画の奥義を明かす

神の六千年の計画の働きのビジョンは

人には秘められた奥義なので

悟れる者はいない

人が聖書にどんなに見識を持っていたとしても

それは文字にすぎない

何故なら人はその本質を知らないからだ

この六千年の働きは

あらゆる預言より神秘的で

天地創造から今に至るまで最大の奥義である

全世界、全時代の預言者の誰一人として

この奥義を解き明かせた者はなく

それは終わりの日に現れる

六千年の計画は深く秘められた奥義で

人には測り知れず

誰も神の心を理解できない

神が語り啓示しない限り

それは神秘であり続け

宗教家は言うまでもなく

伝えられなければ

あなた方も知ることはない

聖書を読めば

人は幾つかの真理を理解し

字句を解釈し

章を調べるかもしれないが

意味は解き明かせない

人に見えるのは

ヤーウェやイエスの働きではなく

死んだ言葉だけで

その全ての働きの奥義を解き明かす術は無い

この六千年の働きは

あらゆる預言より神秘的で

天地創造から今に至るまで最大の奥義である

全世界、全時代の預言者の誰一人として

この奥義を解き明かせた者はなく

それは終わりの日に現れる

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神はあなたがたを完成させようと決意した

次へ: 終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索