終わりの日のキリストは神の経営計画の奥義を明かす

この六千年の経営(救いの)計画全体の働きのビジョンに関しては、誰も識見を得ることも、理解することもできない。そのようなビジョンは神秘的なままである。このような奥義の覆いは、人が取り除くことはできない。人が聖書についてどんなに深く理解していても、人は聖書の本質を理解していないので、理解は言葉以上の何物でもない。人が聖書を読むとき、何らかの真理を理解したり、言葉の幾つかを説明したり、有名な聖句や章を綿密に調べ上げたりするかもしれないが、それらの言葉に含まれている意味を取り出すことはできないだろう。というのは、人が見ているのは死んだ言葉であり、ヤーウェやイエスの働きの場面ではなく、人はそのような働きの奥義を解明することはできないからである。


六千年の経営(救いの)計画の奥義はもっとも大きな奥義であり、最も深遠に隠されていて、人には全く理解できないものである。神自身が説明し、明かすのでないなら、誰も神の心を直接理解することはできない。そしてそれらは永遠に人間には謎のままで、封印をされた奥義のままであり続けるであろう。宗教関係者たちのことは言うまでもなく、もし今日あなたがたに伝えなかったなら、あなたがたも理解することはできなかったであろう。この六千年の働きは、預言者たちの預言のすべてよりも神秘に満ちている。これは天地創造から現在までの最大の奥義であり、これまでのどの時代の預言者の誰も深く理解できていない。この奥義は終わりの時代においてのみ解明され、それまでに明らかにされたことがないからである。


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 人のキリストに対する抵抗と不従順の根源

次へ: 人間を救う働きとはサタンを打ち破る働きである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする神…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索