私は奮起して立ち上がる

神の義なる性質を知って

神への愛が根付いた

私が祝福されるも問題にぶつかるも

全ては神の定め

裁きも刑罰も試練も

私の愛を純化するため

人間の失敗は普通のこと

驚くことではない

神の厳しい言葉は剣のように刺し通すが

神の心はいつも優しい

いのちのための苦い薬を

どうして私は拒めよう?

神の刑罰と裁きにより

神の真の愛を感じた

人を救う神の業は現実

私の心は神を讃美する

この心は神を讃美する

人間は傲慢で欺瞞に満ち

躓き倒れるのが定め

私は神に仕えていながら 神に抵抗する

神の刑罰に耐えるべきだ

裁きに大きな痛みが伴っても

それは私のいのちが必要なもの

神が義であると確信がある

だから心から讃美する

神に裁かれ 刑罰を受けることは

神が下さる栄誉

不平を言ったり争ったりするなら

神の愛には相応しくない

堕落した人間に真理はなく

サタンの性質に満ちている

今このいのちがあるのは

神の時に適った救いのおかげ

神の時に適った救いのおかげ

ペテロの精神は

人の振る舞いの根本

人が神を愛することはなんと奥深いことか

私は神を深く愛することを求める

祝福が欲しくて 神と取引するなら

結局人は躓き倒れるだけ

真理を理解し 清められ

私の心には平安がある

神を信じ 愛し 神に従う

これが人の真の本分

刑罰と裁きを受けることは

神への愛を強める

神がどう私を取り扱っても

私は神の義を讃える

神を知るようになることが私の夢

それ以上望むことはない

それ以上望むことはない

裁きを通り

神の愛を味わい 再び立ち上がる

神に合わせる顔はないけれど

再び奮闘する

私は御心を理解し

神の愛が私を前進させる

試練や困難がどれほど大きくても

力強い証しをする

祝福か禍かは問題ではない

神の栄光が全て

ペテロのように 神に最高の愛を捧げる

そして死ぬ時は平安のうちに眠る

選り好みせず 神の業に従う

神を満足させることが鍵

神を愛し 御心を行うことは

人間にとって最高の栄誉

人間にとって最高の栄誉

前へ: 神様への忠実な心

次へ: 生きるために人は真理を持たなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索