神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは

誰もがなすべき人の本分であり

追加の要求ではない

本分をうまく果たせないなら

あなたは自ら問題をもたらし

死を招いていないか

どうして前途を望めるのか

神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ

観念にふけりじっと死を待っていてはならない

神はその働きを第一に

経営の働きを最重要に思っている

人が優先させるのは

神の言葉を実践し

神の要求を満たすこと

みなこれを悟るべきだ

神の働きは人のため

人は神の経営計画のために協力する

神が全てを終えた後

人は懸命な実践と神への協力を求められる

神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ

観念にふけりじっと死を待っていてはならない

神はその働きを第一に

経営の働きを最重要に思っている

人が優先させるのは

神の言葉を実践し

神の要求を満たすこと

みなこれを悟るべきだ

人のため犠牲となった神に

なぜ忠誠も協力も捧げられないのか

神は人にひたむきなのに

神は人のため働くのに

なぜ人は本分を尽くせないのか

あなたは神の働きを見ても聞いても行動しない

そんな人は滅びの対象ではないか

神は人に全てを捧げたが

人はなぜ熱心に本分を尽くせないのか

神はその働きを第一に

経営の働きを最重要に思っている

人が優先させるのは

神の言葉を実践し

神の要求を満たすこと

みなこれを悟るべきだ

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人間の実践」より編集

前へ: いかにして本分を尽くすべきか

次へ: 神を満足させ神の心を安らがせる者になれ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索