真理を愛する人を神は救う

大小を問わず、日々発生してあなたの決意を揺るがしたり、あなたの心を占めたり、本分を尽くす能力を削いだり、あなたの全身を妨げたりする出来事はどれも真剣に扱う必要があり、入念に調べて真理を求めなければならない。そうした出来事はすべて、経験の範疇で生じることである。否定的な何かが降りかかると自分の本分をあきらめ、挫折のたびに起き上がれない人がいる。そのような人はみな真理を愛さない愚か者であり、信仰に生涯を捧げても真理を得ることはない。そのような愚か者がどうして最後まで従えるだろうか。

賢明な人や、内なる素質を本当に持ち霊的な物事を理解する人こそが真理を探し求める人であり、十回のうち八回は、何らかの啓示、教訓、啓き、進歩を得られるでしょう。霊的な物事を理解しない愚か者は10回失敗して躓いたとしても、依然として目覚めない。また問題の根源を見つけるために真理を探し求めることもしない。そのような人がどれだけ説教に耳を傾けようと、真理を理解することは決してない。見込みのない存在なのだ。このような人は転ぶたびに、自分を立ち上がらせ、なだめてくれる人を必要とする。それそのような人は役に立たず、神は彼らを救わない。

神による人類の救いは、真理を愛する人々の救いである。それは意志と決意のある人々、真理と義を熱望する人々のための救いなのだ。誰かに決意があるということは、義、善、真理を切望するということであり、また良心があるということでもある。そのような人々が真理を理解して獲得するように、また彼らの堕落が清められていのちの性質が変えられるように、神はそれらの人々において働きを行う。真理への愛、義と光への切望がなければ、その人は決して救われない。

『キリストの言葉の記録』の「愚かな者は救われることができない」より編集

前へ: 真理を愛する人が真理を得る

次へ: 真理をあきらめなければあなたは救われる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、命…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと裁…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索