刑罰と裁きに神の愛を見た

神よ、私は何百もの試練に耐え

死にそうなことさえありましたが

そうしてあなたを本当に知り

最高の救いを得られました

もしあなたの裁きと懲らしめと刑罰が

私から去ったなら

私は闇の中で生き

サタンの支配下にいるでしょう

神よ、お願いです

最大の慰めを取らないで

わずかな慰めの言葉でもいい

あなたの愛を味わい

もう離れられない

どうしてあなたを愛さずにいられようか

人の肉に何の益があるだろうか

刑罰が私から離れてしまうなら

あなたの霊に見捨てられたも同然です

あなたが共にいないかのようです

もしあなたに自由を取られ、病を与えられても

私はこのまま生きていけます

裁きが私から離れてしまうなら

私は生きていく道がありません

神よ、お願いです

最大の慰めを取らないで

わずかな慰めの言葉でもいい

あなたの愛を味わい

もう離れられない

どうしてあなたを愛さずにいられようか

あなたの刑罰がなければ

あなたの愛は私から漂い去ったことでしょう

それは言い表せません

この愛はあまりに深いのです

あなたの愛なくしては

サタンの支配下に倒れ

あなたの栄光ある御顔を見れないでしょう

私はどうして生き続けられるでしょう?

この暗い暮らしに耐えられません

あなたの臨在とはあなたを見ることです

どうして離れられるでしょう?

神よ、お願いです

最大の慰めを取らないで

わずかな慰めの言葉でもいい

あなたの愛を味わい

もう離れられない

どうしてあなたを愛さずにいられようか

あなたの愛ゆえに悲しみ、泣いたが

この暮らしには深い意味があり

私を豊かにし、変え

持つべき真理を得させる

神よ、お願いです

最大の慰めを取らないで

わずかな慰めの言葉でもいい

あなたの愛を味わい

もう離れられない

どうしてあなたを愛さずにいられようか

前へ: 神の刑罰と裁きから私は非常に多くのものを得ます

次へ: 神の刑罰と裁きがなければ生きていけない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索