神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら

探さねばならない

神の御心、神の御言葉、神の御声

神の新しい御言葉の中

神の御声がある

神の足跡があるところには

神の御業がある

神の印があるところ

そこには神が現れる

神の現れるところには

真理、道、命がある

神の足跡を探す時

神の真理、生きる道、命さえも見失ったら

見つけることはできない

神の足跡

そして神の現れに気づくことはできない

なんとそれは大きな過ちだろう

神は人の思いを遥かに超えて

人の思うようには現れない

神には自身の選択がある

神が働くときに

神には自身の目的がある

神の御業がある

神は誰にも話さない

神は誰にも伝えない

それが神の性質

人は気づかなければ

神の現れを望むなら

そして神の足跡を探すなら

自分を超えて求めてはならない

自分の望みを神を自分の心に閉じ込めないで

自分の世界に閉じ込めないで

神の足跡を探し求め

神の現れを受け止めて

神の新しい御業に従い

それがあるべき道

人はみな誰も真理ではなく

真理を持たず

人は真理ではなく

真理を持たず

だから探し求め、受け入れながら

探し求めて受け入れて

真理に身を委ねる

『言葉は肉において現れる』の「神の現れによる新時代の到来」より編集

前へ: 真の道を追求するための原則

次へ: 終わりの日のキリストの出現と働きを知るには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索