万事において神の旨を求めなければならない

せわしなく本分を尽くすようになると、人はどのように経験すればよいかがすぐ分からなくなる。また物事に忙しくなるとすぐ、自分の霊的状態に問題が発生して、正常な状態を維持する能力が失われる。どうしてそのようなことになるのか。ちょっとした作業をするよう頼まれると解放されて抑えが効かなくなり、神に近づこうとせず離れてゆく。これは、人がどのように経験すべきか知らないことを証明している。あなたが何をしようと、なぜ実際にそれをするのか、その件の本質は何かをまず理解しなければならない。自分の本分を尽くすために何かをしているのであれば、「どのようにこれをすべきか。おざなりにならないようにするためには、どうやって立派に本分を尽くすべきか」と熟考するべきである。この点について、神に近づくべきである。

神に近づくとは、この点についての真理を求めること、実践の道を求めること、神の旨を求めること、神を満足させるにはどう実践すべきか求めることを意味する。宗教儀式を執り行なうことや外面的な行為はそこに含まれない。それは、神の旨を求めてから真理に従って実践するという目的のためになされる。本分を尽くすとき、あるいは何かの働きをしているとき、あなたは絶えずこう考えるべきである。「この本分をどのように尽くすべきか。神の意図は何か」。行なうことを通して神に近づきなさい。そうすることで、あなたは自分の行動の背後にある原則と真理を、また神の意図を求めることになり、何をするにしても神から離れることはない。そのような人だけが真に神を信じているのだ。今日、人は何かに遭遇するたび、ひたすら頑固に突き進み、自分の個人的意図にしたがって行動するだけである。このような人の心に神はいない。心の中には自分がいるだけで、何をするにもまったく真理を実践することができない。

真理にしたがって行動しないということは、自分の意志にしたがって行動するということであり、自分の意志にしたがって行動するということは、神を離れること、つまり心に神がいないということである。たいていの場合、人間の考えは人にとってよいもの、正しいものに見え、真理にさほど反していないかのように思われる。人は、物事をこのように行うのが真理の実践だと感じる。つまり、物事をこのように行うのが神に服従することだと感じるのである。実際、人は本当に神を求めておらず、それについて神に祈っているわけでもない。 神の旨を満たすべく、神の要求にしたがう形でそれを立派に行おうと努めていない。人にはこの真の状態も、そのような願望もない。これは、人が実践で犯す最大の誤りである。神を信じながら、心に神を留めていないのだ。どうしてこれが罪ではないのか。 自分を騙しているのではないか。そのように信じ続けたところでどんな効果が得られるか。そのうえ、信仰の意義がどうして表わされるか。

『キリストの言葉の記録』の「神の御心を求めることは真理を実践するため」より編集

前へ: 神はずっと前人類のために全てを備えた

次へ: 神の家で忠誠心を捧げなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索