真に神を崇拝する人になることを求めよ

私たちは、神を真摯に崇拝する人になろうと追い求める観点をもたなければなりません。これ以上神を拒まず、神に嫌悪を催させず、神が私たちにいらだったり絶えず怒ったりしないようにし、神の心を安らげ、アブラハムのように神を真に崇拝する人となることが、私たちのもつべき人生観です。このような人生観と考え方が心に根付き、その方向に沿って追い求めるなら、この世の富、地位、評判に誘惑されることが少なくなります。

あなたの勤勉さや経験がこうした観点の達成に向けられているなら、気付かぬうちに神の言葉が自分の内なる座右の銘となり、生存の基礎となり、いのちとなり、自分の中で人生の道となります。その時、この世の物事はあなたにとってどれも重要ではなくなります。ゆえに、真理と人間性を備える者、良心と理知を備えて神を礼拝する者、すなわち真の人間になることを追い求めるというのが人のもつべき人生観であり、それが最適な追求です

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 神の言葉は本当にあなたのいのちとなったか

次へ: 誰も神の言葉の真の意味を理解しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索