神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること

神の方法で身分も性質も保ちながら

時代を始めまた幕引くため 神は降る

神の現れはしるしや絵画ではなく

奇跡でも大いなる幻でもない

ましてや宗教的な儀式でもない

それは実際に見て触れることのできる事実である

神の現れは

業の手順踏むためや早く終わらせるためではない

それはむしろ神の救いの計画の一つなのだ

神の現れには必ず何かの意味があり

救いの計画にいつも繋がりを持っている

それは人を導いたり説き悟らせるものではない

神の現れは

その時代それぞれで偉業を働くためである

それはどの時代とも異なっていて

人には経験も想像もできない 想像さえも

神の現れは新しい時代の幕を開けまた幕を引くため

新しい、一歩進んだ、人類を救う働き

人を新しい時代へと導いていく

これが神の現れの意義

これが神の現れの意義

『言葉は肉において現れる』の「神の現れによる新時代の到来」より編集

前へ: 神の幕屋が世に降臨した

次へ: 神の国を迎える祝砲が鳴り響くとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索