神の現れが持つ意義


神の現れとは業のため神降ること

神の方法で身分も性質も保ちながら

時代を始めまた幕引くため 神は降る

神の現れはしるしや絵画ではなく

奇跡でも大いなる幻でもない

ましてや宗教的な儀式でもない

それは実際に見て触れることのできる事実である

神の現れは

業の手順踏むためや早く終わらせるためではない

それはむしろ神の救いの計画の一つなのだ


神の現れには必ず何かの意味があり

救いの計画にいつも繋がりを持っている

それは人を導いたり説き悟らせるものではない

神の現れは

その時代それぞれで偉業を働くためである

それはどの時代とも異なっていて

人には経験も想像もできない 想像さえも

神の現れは新しい時代の幕を開けまた幕を引くため

新しい、一歩進んだ、人類を救う働き

人を新しい時代へと導いていく

これが神の現れの意義

これが神の現れの意義

『言葉は肉において現れる』の「神の現れによる新時代の到来」より編集

前へ: 世界が崩れ、神の国が形作られる

次へ: 神は創造物をもとの状態に回復する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索