神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること

神の方法で身分も性質も保ちながら

時代を始めまた幕引くため 神は降る

神の現れはしるしや絵画ではなく

奇跡でも大いなる幻でもない

ましてや宗教的な儀式でもない

それは実際に見て触れることのできる事実である

神の現れは

業の手順踏むためや早く終わらせるためではない

それはむしろ神の救いの計画の一つなのだ

神の現れには必ず何かの意味があり

救いの計画にいつも繋がりを持っている

それは人を導いたり説き悟らせるものではない

神の現れは

その時代それぞれで偉業を働くためである

それはどの時代とも異なっていて

人には経験も想像もできない 想像さえも

神の現れは新しい時代の幕を開けまた幕を引くため

新しい、一歩進んだ、人類を救う働き

人を新しい時代へと導いていく

これが神の現れの意義

これが神の現れの意義

『言葉は肉において現れる』の「神の現れによる新時代の到来」より編集

前へ: 神の幕屋が世に降臨した

次へ: 神の国を迎える祝砲が鳴り響くとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索