受肉の意義


受肉とは神の霊が肉となり

神自身が肉となることを意味する

肉としての神の働きは

肉において実現され 表される霊の働きだ

神の肉以外

何も受肉の神の職分を果たせず

神の受肉の体

この正常な人間性のみが神の働きを表す

神の受肉の意義は普通の人が神の働きを行い

人間性の内に神としての働きを行い

サタンを打ち破るということだ


肉の中に入ることで

神は今肉であることをサタンに示す

神は今 正常で普通の人であるが

勝ち誇り世界を治めることができる

神は今肉であることをサタンに示すが

サタンを打ち破ることができる

そして神は人類を贖い 征服することができる


サタンの目的は人類を堕落させることで

神の目的は人類を救うことだ

サタンは奈落の底で人を捕らえるが

神はそこから人を救い出す

サタンは全ての人に自分を崇拝させるが

神は人を神の支配に服従させる

何故なら神は全ての創造物の主であるから


この働きは神の二度の受肉により行われ

神の肉は人間性と神性の結合であり

正常な人間性を備えている

神の受肉の意義は普通の人が神の働きを行い

人間性の内に神としての働きを行い

サタンを打ち破るということだ

『言葉は肉において現れる』の「神の宿る肉の本質」より編集

前へ: 神は真理、神はいのち

次へ: 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残される…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すために…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索