第十六章

人の子が証しされた後、全能神は自身を義の太陽としてわたしたちに公に現した。これが山上の変容である。それは今やますます実際的になり、さらに現実となりつつある。わたしたちは聖霊の働きの方法を見た。神自身が肉の体から出現した。神は人間にも、空間にも、また地理にも制限されることはない。神は地と海の境を超越し、全宇宙と地の隅々にまで及び、すべての国々とすべての人々は神の声に静かに耳を傾けている。わたしたちが霊の目を開くとき、わたしたちは神の言葉が神の栄光の体から発せられるのを見る。それは肉から出現する神自身である。この方はまことなる完全な神自身である。神は公にわたしたちに語り、わたしたちと顔を合わせ、わたしたちに助言を与え、わたしたちを憐れみ、わたしたちを待ち、わたしたちを慰め、わたしたちを鍛錬し、わたしたちを裁く。神はわたしたちの手をとって導き、わたしたちへの神の思いは、神の中で炎のように燃える。熱心な心で神はわたしたちが目を覚まし、神の中へ入るようわたしたちを急がせる。神の超越的ないのちはわたしたちすべての中に造られる。そして、神の中へ入るすべての者たちは超越を成し遂げ、世とすべての邪悪な者たちに勝利し、神と共に支配するであろう。全能神は神の霊の体である。神が定めるとそれは成る。神が語るとそのようになり、神が命じるとそれは為される。この神は唯一の真の神である!サタンは神の足の下に置かれ、底なしの穴にいる。宇宙のあらゆるものは神の手の中にある。時は来た。すべてが無に帰し、新たに生まれる。

前へ: 第十五章

次へ: 第十七章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

真理を実践しない人への警告

兄弟姉妹のうち消極性をいつも発散している人は、サタンの僕であり、教会を乱す。そのような人は、いつか追放され、淘汰されなければならない。神への信仰において、人間に神を敬い畏れる心と神に従順な心がなければ、神のために働くことができないだけでなく、反対に神の働きを阻害し、神に反抗する者…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

神は自身の心にかなう者を完全にする

今、神は一種の人々の集団、つまり神と協力することに努め、神の働きに従うことができ、神が語る言葉は真実だと信じ、神の要求を実践できる人から成る集団を獲得することを望んでいる。このような人は、心の中に真の認識を有している者たちであり、完全にされることができ、必ずや完全への道を歩める者…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索