第十六章

人の子が証しされた後、全能神は自身を義の太陽として私たちに公に現した。これが山上の変容である。それは今やますます実際的になり、さらに現実となりつつある。私たちは聖霊の働きの方法を見た。神自身が肉の体から出現した。神は人間にも、空間にも、また地理にも制限されることはない。神は地と海の境を超越し、全宇宙と地の隅々にまで及び、すべての国々とすべての人々は神の声に静かに耳を傾けている。私たちが霊の目を開くとき、私たちは神の言葉が神の栄光の体から発せられるのを見る。それは肉から出現する神自身である。この方はまことなる完全な神自身である。神は公に私たちに語り、私たちと顔を合わせ、私たちに助言を与え、私たちを憐れみ、私たちを待ち、私たちを慰め、私たちを鍛錬し、私たちを裁く。神は私たちの手をとって導き、私たちへの神の思いは、神の中で炎のように燃える。熱心な心で神は私たちが目を覚まし、神の中へ入るよう私たちを急がせる。神の超越的ないのちは私たちすべての中に造られる。そして、神の中へ入るすべての者たちは超越を成し遂げ、世とすべての邪悪な者たちに勝利し、神と共に支配するであろう。全能神は神の霊の体である。神が定めるとそれは成る。神が語るとそのようになり、神が命じるとそれは為される。この神は唯一の真の神である!サタンは神の足の下に置かれ、底なしの穴にいる。宇宙のあらゆるものは神の手の中にある。時は来た。すべてが無に帰し、新たに生まれる。

前へ: 第十五章

次へ: 第十七章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

受肉の奥義(4)

あなたがたは聖書の内情と形成について知らなければならない。神の新しい働きをまだ受け入れていない人は、この知識をもっていない。彼らは知らないのである。これらの本質的な事柄についてわかりやすく話せば、彼らは聖書についてあなたにあれこれ言うことがなくなるだろう。彼らは、この記述は成就し…

肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない

今日、わたしは、あなたがた自身が生き残るために、あなたがたに警告する。それは、わたしの働きが順調に進み、全宇宙でわたしの幕開けの働きがより適切に、また完全に遂行されるためであり、そうして、すべての国の人々にわたしの言葉、権威、威厳、裁きを現すためである。あなたがたの間でわたしが行…

第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

第二十九章

すべてのものがよみがえりを受けた日、わたしは人間の中に来て、すばらしい日と夜を過ごした。そのとき初めて、人間は、わたしの親しみやすさを少し感じるのである。交流が頻繁になり、わたしの所有しているもの、わたしであるものの幾分かを知るようになった結果、人間はわたしについて、何らかの認識…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索