神は人の運命の唯一の支配者

あなたが人生でどれだけ遠くにきても

今何歳でも

あなたの進路にいつまで留まるにしても

神の権威を認め

神が唯一の主人だと本気で知らなければならない

人の能力が素晴らしくても

他人の運命に影響を与えたり

指揮や、変更、支配などできない

ただ神のみが人のために万物をつかさどり

人の運命を支配する権威を持ち

人の主人なのだ

運命を制御する神をはっきりと認識することが

人生を知り、真理を得る鍵

日々、神を知るための訓練だ

この目標に達する近道はない

人の能力が素晴らしくても

他人の運命に影響を与えたり

指揮や、変更、支配などできない

ただ神のみが人のために万物をつかさどり

人の運命を支配する権威を持ち

人の主人なのだ

あなたは神の支配から逃れられない

神は唯一の主で

人の運命の唯一の主人だ

だから、人は自分の運命を決めたり

越えたりできない

人の能力が素晴らしくても

他人の運命に影響を与えたり

指揮や、変更、支配などできない

ただ神のみが人のために万物をつかさどり

人の運命を支配する権威を持ち

人の主人なのだ

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 3」より編集

前へ: 神はニネベの王の悔い改めを賞賛した

次へ: 人類は自分自身の運命を支配できない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索