421 聖霊の働きを持つために祈りの中であなたの心にあることを話しなさい

1

誰も神との交わりを欠くことは出来ない

祈りがなければ肉の中で

サタンに束縛されて生きることになる

真の祈りがなければ

闇の中でしか生きられない

神は兄弟姉妹が日々

真の祈りを捧げることを願っている

これは教義への執着ではない

成果を出すことが必要なのだ

神が最低限求めていることは心を開くことだ

もし人が神に心を与え、本音を話すなら

神は喜んで人の中で働くだろう

神が望んでいるのはねじれた心でなく

純粋で正直な心だ

もし人が心を神に話さないなら

神は働かず、人の心を感動させることもない

祈りは極めて大切だ

霊の働きを祈りの中で受ける時

あなたの心は神に動かされ

神への愛の力が湧いてくるのだ

もしあなたが心を込めて祈らず

神に心を開かず

神と交わることをしないなら

神があなたの中で働くことはあり得ない

2

祈りにおいて本音を話すことは最重要だ

欠点や反抗を神に告げ

心を完全に開け

そうすれば神の関心を引くが

そうでなければ神は顔を隠す

神の前で心を静めよ

神からあなたの心をそらせてはならない

新しくより高い見地が得られない時は

退かないよう祈れ

退かないよう祈ることは

為すべき最小限のことだ

皆この現実の中へ入らなければならず

祈りの中で意識的に訓練すべきだ

ただ待つのではなく

自ら霊の感動を求めよ

これこそ真に神を求める者が為すことだ

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より編集

前へ: 420 真の祈りの効果

次へ: 422 従順と理知に満ちた祈りが大いに重要

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索