患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ


神の国の時代

人は完全にされる

神の国の時代に実に完全に

征服の業が終わる時

人は精錬と患難を通らされる

征服が終われば

患難の中、勝利する者、証しに立つ者

ああ、彼らこそが

最後に完全にされ、勝利者となるだろう


患難の間

人には精錬が望まれる

それは神の業の最終段階だ

神の経営が終わる前に最後の精錬を受ける

従う者皆、受け入れるべきだ

患難の中、勝利する者、証に立つ者

ああ、彼らこそが

最後に完全にされ、勝利者となるだろう


患難に遭う者は

神の導きを得ない

征服され、神を求めるなら固く立つ

神が何をしようと

ビジョンを失くさず 真理と証しを為し

患難を克服する

患難の中、勝利する者、証しに立つ者

ああ、彼らこそが

最後に完全にされ、勝利者となるだろう


ああ、彼らこそが

人間性を所有し

神を真に愛する者だ

患難の中、勝利する者、証しに立つ者

ああ、彼らこそが

最後に完全にされ、勝利者となるだろう

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人間の実践」より編集

前へ: 試練には信仰が求められる

次へ: 勝利者たちの歌

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索