181 私は神に従うことを心に固く決めた

今日まで神を信じ

やっと光が見えてきた

迫害と苦難の険しい道を歩み

世から捨てられ 友に避けられ

幾夜眠れず 祈ったろう

苦楽を味わい 涙で服も濡れ

安息の地はなく 私は日々彷徨った

自由など名ばかり 人権はどこにあるのか

私はどんなにサタンを憎むことか

キリストが権力を得る日が待ち遠しい

世の闇と悪を見ると

人生に光を求めずにはいられない

キリストは真理 道 そして命

私は最後までキリストに従い通そう

神が羊飼いを打つと

私達は大きな試練を通る

暗雲が立ち込め 恐怖が満ちる

私は何度も虎の穴に落ち

辛うじて死を免れた

御言葉に慰められ 心は強くなり

多くの苦悩を経て 神は愛だと深く知った

神は全てを治めるが 人の信仰は哀れだ

人が試練の火から得るものは多い

私はサタンを見抜き 赤い大きな竜を憎む

卑劣で残虐な竜は

多くの魂を堕落させ呑み込んだ

真理と命を得るのは難しい

何倍も神を愛しその心をなだめるべきだ

神の業に思いを馳せ

神に深い親しみを感じる

裁きを受け入れ 私の性質は変わる

精錬と刑罰が辛いからこそ

深く神を認識できる

全能神を信じることができ

本当に光栄だ

真の神への献身により 心は安らぎ

本分に忠実なら

苦難の時にも喜びがある

人生は短いが

神を愛することは最高の幸せだ

神に仕え 心は満たされる

全能神が私を救い

真の人生を与えて下さった

私の一番大切な夢が叶った

私は明日へ突き進んで行こう

前へ: 180 死を賭して忠心を尽くし神に従う

次へ: 182 聖徒たちは勝利する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索