真理の実践のために苦しむ者は神の称賛を勝ち取る

人々が真理を実践するたびに、精錬を受けるたびに、試されるたびに、そして神の働きが彼らに及ぶたびに、人々は激しい痛みに耐える。このすべては人々に対する試練であり、そのため彼らすべての心の中では戦いがある。これは彼らが支払う実際の代償である。神の言葉をさらに読み、さらに走り回ることは多少の代償である。それは人々がしなければならないこと、彼らの本分、彼らが果たすべき責任であり、心の中にあって脇にどけておく必要のあるものは、どけなければならない。途方もない考え、あなた自身の判断、観念、動機付けなどを脇にどけるべきである。さもなければあなたの外面的苦しみがいかに大きくても、どんなにあなたが走り回ろうとも、すべては無駄になるだろう。

あなたの心の中を変えることだけがあなたの外面的困難に価値があるかどうかを決定することができる。あなたの内面的性質が変わり、あなたが真理を実践した時、あなたの外面的苦しみは神の承認を得られる。あなたの内面的性質に変化がまったくなければ、いかに苦しみに耐えようとも、外面から見ていかに走り回ろうとも、神からの承認はない――そして神が確認しない困難は無駄である。従って、あなたの払った代償が神に認められるかどうかは、あなたに変化があったかどうか、あなたが真理を実践して、神の心の満足を獲得し、神に関する認識や神に対する忠誠心を得るためにあなた自身の動機付けや観念に反抗するかどうかによって決定される。

『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より編集

前へ: 真理の実践のために苦しむのは最も有意義なことである

次へ: 真理をもっと実践し神にもっと祝福されなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索