困難に苦しむことには深い意義がある

神を信じる人は、神の日がすぐに来て自分の悲惨さが終わりを迎えるという希望を抱いています。神が変容し、自分の苦しみがすべて終わることを望んでいるのです。すべての人は心の奥でそのような考えを抱いています。人の肉は苦しみたがらず、苦しみを経験するたびにより良い日々を待ち望むからです。正しい状態にあれば、これらの事柄が現われることはありません。状況が熟していなければ、誰もがことさら立派に見え、特に素晴らしい霊的背丈があり、真理をかなりよく理解しており、極めて活力に満ち溢れているように思えます。ある日、状況が熟すと、こうした考えがすべて露わにされます。人の心は葛藤し始め、下り坂を転げ落ちる人もいるでしょう。


それは、神があなたに道を開かないとか、神があなたに恵みを与えないとかではなく、もちろん、神があなたの困難への配慮に欠けるということでもありません。この苦痛をいま耐えるのは祝福なのです。救われ生き残るにはそのような苦しみに耐えなければならないからです。さらにそれは神によって予め定められたことです。それゆえ、この苦しみがあなたに降りかかるのはあなたの祝福なのです。これが単純なことだと思ってはいけません。単に人々をもてあそび、苦しめるだけのものではないのです。その背後にある意味は大変深く、極めて重要です。あなたが正しい道を歩み、あなたの求めるものが正しいなら、最終的に、あなたは各時代のあらゆる聖徒よりも多くのものを得て、あなたが受け継ぐ約束もさらに偉大なものになります。


『キリストの言葉の記録』の「聖霊の働きを失った者は最も危険にさらされている」より編集

前へ: 真理を実践すれば性質が変わる

次へ: 真理を求めて性質を変化させよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索