実際的効果を得るにはどのように神を証しすべきか

神の証しをするときは、神が人々をどのように裁き罰するか、人間を精錬してその性質を変えるためにどのような試練を用いるかを主に語るべきです。また、自分の経験においてどれだけ多くの堕落が表わされたか、自分がどれだけ耐えてきたか、最後はどのようにして神に征服されたか、神の働きに関する真の認識が自分にどれだけあるか、どのようにして神の証しをし、神の愛に報いるべきかも語るべきです。こうした言葉に中身を持たせつつ、簡潔に語りなさい。自分自身を誇示しようと、深遠に見えながらも空虚な理論で着飾ってはいけません。そうすることはかなり傲慢で理知に欠けるように見えます。現実の経験からもたらされた事実に基づく物事を心からもっと語りなさい。それが他人にとって最も有益であるとともに、彼らが目にするのに最適なのです。あなたたちはかつて、神に最も強く反対し、神に服従しようという気持ちが一番ない人々でしたが、今は神の言葉によって征服されています。それを忘れてはいけません。これらのことは入念に熟慮し、真剣に考える必要があります。いったんそれを理解すれば、どのように証しをすべきかがわかります。さもないと恥知らずで理知に欠ける行為をしがちになります。


『キリストの言葉の記録』の「人が有するべき基本的な理知」より編集

前へ: 信仰において神を証しするには

次へ: 征服された人がもつべき理知

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索