真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

悪意ある弾圧を経験して立ち上がる

3

広東省 莫志坚

わたしは貧しい遠くの山岳地方で生まれ、そこでわたしたちは何世代にもわたって香を焚き、仏を崇拝してきました。その地一帯には仏寺があり、すべての家族はよく香を焚きに行きました。誰も神を信じていませんでした。1995年、わたしの妻とわたしはその地方の別の地域にいて主イエスを信じていました。帰郷してからわたしたちは福音を分かち合い始め、福音を受け入れた人々の数は徐々に増え、100人を超えるまでになりました。ますます多くの人々が神を信じるようになり、地方政府は警戒しました。1997年のある日、警察はわたしを呼び出し、地方警察署に出頭させました。そこでは地方安全保障局長、国家安全保障局長、宗教局長、地方警察署長と何人かの警官がわたしを待っていました。地方安全保障局長は「なぜあなたは神を信じますか。あなたは誰と連絡を取っていますか。聖書はどこから来たのですか。どうして集会のために教会に行かないのですか」と聞きました。わたしは言いました。「人々は神によって創造され、日光、空気、水はすべて神によって創造されました。人々が神を信じ崇拝するのは天と地の法則です。憲法も市民には宗教の自由があることを明示しています。あなたがたはわたしたちが自由に神を信じることをなぜ許さないのですか」。宗教局長は「檻の中の小さな鳥のように宗教上の自由には限界があります。翼と足が縛られていないとしても、かごの中を動けるだけです」と言いました。彼がこうした誤りを話すのを聞き、わたしは憤慨し、怒って言いました。「それなら国家は国民に嘘をついています」。わたしがこう言うのを聞いて、彼らは彼らが間違っていて言うことがないのを知り、わたしをやっと家に帰しました。当時、世の終わりの全能者である神の働きを受け入れた1999年まで、中国共産党政府の信者に対する迫害の本質をわたしは気付いていませんでした。神の言葉を読み、中国共産党政府のさらに残酷な迫害を経験することで、中国共産党は邪悪な霊であるサタンの具現化であることがはっきりと分かりました。それは聖書の中で言われているように神の敵でした。「この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへび…」(黙示録 12:9)

2002年6月28日の朝5時過ぎに扉を激しく叩く音が突然聞こえたとき、わたしは兄弟姉妹と集まりの準備をしていました。わたしたちはすぐに神の言葉の本を隠し、それから扉を開けました。扉が開くと出し抜けに数十人の警官がドッと押し寄せてきました。彼らは電気警棒と銃を手に持ち、わたしたちを力ずくで一ヶ所に集め、しゃがみ込ませ、頭上に手を置かせました。わたしたちを収容した後、村に入った盗賊のように彼らは各部屋に入り、あらゆるものを散乱させました。彼らはわたしたちの寝具と服を取って床の上に投げつけました。過去に組織犯罪や盗賊が略奪や窃盗を行う場面をテレビで見たことがありましたが、「人民警察」がテレビの凶悪な暴君や盗賊のように行動するだろうとは想像もしませんでした。その時、警官たちが神の言葉の本を発見するかもしれないとわたしは非常に恐れ、心配しました。わたしは心の中で絶えず祈り、わたしたちを見守り、保護してくださるよう神に頼みました。祈りの後、わたしは神の素晴らしい行いを見ました。彼らは家全体をくまなく捜し、私物を押収しましたが、神の言葉の本を見つけることはありませんでした。わたしはこれが神の全能性と保護であり、神がわたしたちと共にいてくださると知り、神へのわたしの信仰は増しました。その後、警官たちはわたしたちを警察署に連れて行き、夜にはわたしたちを拘置所に移してわたしたちを閉じ込めました。3日後、警察はわたしたち各々に300元の罰金を課し、それは解放されるためにはわたしたちが支払わなければならないものでした。人々から宗教の自由を奪った無礼で理由のない捕食者のような中国共産党政府の行いを見てわたしは深い憤りを感じ、神の言葉を思わずにはいられませんでした。「この地は数千年にわたり不浄の地となっており、耐えがたいほど汚れ、悲劇に溢れる。至る所に幽霊が彷徨い、欺し偽り、根拠の無い告発を行い、冷酷かつ残忍であり、この幽霊の街を踏みつけて屍の山を残した。腐った屍の悪臭が地を覆って充満しており、その地は堅く警護されている。誰が空の彼方の世界を見ることが出来ようか。…宗教の自由というが、どうだろうか。市民の正当な権利と利益というが、どうだろうか。そうした物事はすべて、罪を隠蔽する手口である。」(『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より)中国のこのゴーストタウンでは、中国の支配政党は「宗教の自由と人権の自由」を促進する理念を掲げていますが、支配政党は遠慮なく神を迫害し、神に従う人々を逮捕し、迫害します。彼らは人々が神を信じ、正しいいのちの道を歩むことを許しません。彼らはすべての信者を一挙に排除しようと切望していました。わたしたちは法律を破ったり、悪事を働いたりしませんでした。わたしたちが行ったのは福音を分かち合って人々が神を知り、崇拝するようになり、闇と苦しみの生活から脱することができるようにすることでした。しかし、中国共産党の警察は売春、殺人、放火、不正、詐欺に関与している邪悪な人々に関心を持つのではなく、わたしたちを逮捕し、投獄し、わたしたちに罰金を科そうとしました。彼らはこれらの邪悪な人々が罰を逃れることを許しました。この事実から、中国共産党政府は神に抵抗し、人々の目をくらまし、人々を騙す悪魔の集団であるとわたしは理解できました。彼らは神の敵でした。

同じ年の11月28日、数人の兄弟姉妹とわたしは宗派の指導者と福音を分かち合っていました。しかし、わたしたちはある邪悪な人によって通報され、12人ほどの警官がわたしたちの建物を取り囲み、扉を破って建物にはいってきました。彼らは銃と警棒を手に持っていて、叫びました。「動くな。手を上げろ」。警官たちはわたしたちの体を捜し、5000元以上のお金と貴重品を盗みました。彼らは頭の上に手を置き、壁を向いて座るよう命じました。そのとき2人の若いシスターたちは恐れ、わたしは彼女たちに言いました。「わたしたちは何も悪いことをしていません、恐れてはいけません」。わたしがこう言うとすぐ数人の警官がわたしに突進し、拳と足でわたしを投打し、床に打ちつけました。彼らは部屋という部屋をひっくり返し、めちゃくちゃにしました。彼らは村を略奪する盗賊より野蛮で残忍でした。部屋にいたひとりのシスターは出てきませんでしたが、邪悪な警官がひとり急いでやって来て彼女をぎゅっと掴んで引きずり出しました。別の邪悪な警官は、彼女がかなり美しいのを見て体中を触り、性的ないたずらを始めました。シスターはどうすることもできず声を出して泣き、幸いにも家主がちょうどやってきていたずらを止めさせ、シスターは無理強いを免れることができました。このとき、「人民警察は人々のためのものであり、何か問題があれば警察を呼びなさい」とか「警察は人々の後見人」などのスローガンはすべて嘘であることがはっきりとわかりました。こうした邪悪な警官たちは純粋に地元のごろつきと悪党の集団でした。その後、彼らはわたしたちを警察車両に閉じ込め、警察署に連れて行きました。彼らは2日間昼も夜も廊下でわたしたちに手錠をかけ、食べものや飲みものをよこしませんでした。わたしは心でただ絶えず祈り、このような環境で証を立てられるようわたしたちを導かれ、信仰と力を与えてくださるよう神に頼みました。その後、邪悪な警察は同胞を尋問し、答えに満足しないと、何人かの邪悪な警官が彼を地面に突き倒し、別の邪悪な警官が犬の糞を彼の口に詰め込みました。同胞の精神状態はひどく昂っていました。この悲惨な状況を見てわたしの心はひどく動揺し、怒りがわたしの中に燃え上がりました。突進してその警官たちにひどい仕打ちができればと思いましたが、神の言葉がわたしの心を導きました。「私と同様にこの不浄の地に住む兄弟姉妹に対して私は少し同情し、それゆえ赤い大きな竜に対する嫌悪を覚えるようになった。…私達は皆、竜の犠牲である。私が芯から竜を嫌悪し、竜を倒すのを待ちきれずにいるのは、そのためである。しかし、再考するとそれは不可能であり、神に困難をもたらすだけであろう。ゆえに、神の旨を行い神を愛する決意をする、という言葉に戻ろう。…神の旨を行うことで有意義で光に満ちた生涯を送ることだからである。…あなたがたもそうすることを望むであろうか。あなたがたはそのような決意をした者であろうか。」(『言葉は肉において現れる』の「道 (2)」より)神の言葉によって私は冷静になり、神の言葉を理解しようとする中でわたしは神の心を理解しました。神はすでにこれらの邪悪な悪魔たちを極度に軽蔑しておられ、すぐに悪魔たちをすべて破壊することを望まれますが、世の終わりの神の働きを完了され、わたしたちを完全にされるために、神はサタンの努力を活用される必要があります。神はわたしたちがサタンを見分けられるようにサタンの迫害を使い、それによって、わたしたちは中国共産党政府のひどく不快な顔や悪魔的本質がよくわかります。それによってわたしたちは中国共産党政府を見捨て、関係を断ち、わたしたちの正直な心を神に完全に向けることができます。神の働きで良い結果を得るため、神は中国共産党の気違いじみた追求を常に耐えられています。それだから、創造の一部として救いを得るために少し苦しむべきであるというのはどうでしょうか。神はわたしを啓かれ、信仰と強さをお与えになりました。わたしはキリストに習い、固く決心し、神の心を行い、神を愛そうとします。このとき、サタンの迫害を通して神への証を立てるべく神がわたしたちをお導きになり、守ってくださることのみをわたしは願いました。面目なげにサタンが失敗するように、サタンの罠に反撃すべく神へのわたしたちの愛を使うことができることを望みました。

3日目の夜、邪悪な警察はわたしたちを地方安全保障局に移し、夜通しわたしたちに尋問しました。副所長は初め、社交辞令を使ってわたしを釣ろうとしました。「率直に言いなさい。あなたには妻、子供、両親がおり、面倒を見る必要があります。さっさと率直に言えば、家に帰れますよ。どうですか」。これらの言葉を聞いた後、わたしは多少その気になり、思いました。「重要でないことを言えば、わたしは立ち去ることができ、ここにいて苦しまなくてすむだろう」。そのとき、わたしは神の言葉によって目覚めました。「しかし、わたしは次のことを明白にしなければならない。患難の時に、わたしに全く忠誠を示さなかった者たちにはもはや憐れみは与えない。わたしの憐れみが与えられるのはここまでだからだ。さらに、わたしは、かつてわたしを裏切った者は誰も好まず、ましてや友の利害を裏切る者たちと係ることを望まない。その人が誰であっても、これがわたしの性質である。」(『言葉は肉において現れる』の「終着点のために、善行を十分積まなければならない」より)神の威厳ある言葉によって、それはあたかもわたしが返事をするのを待ちながらわたしを見下ろしている神をわたしが見るかのようでした。その結果、わたしはすぐにその思いを払拭し、厳格な義においてわたしは言いました。「ここに来て以来、去ろうとしたことはありません」。邪悪な警官は彼の計略がうまくいかないと知り、元の悪魔のような顔を晒し、そして副所長はわたしの頭の上に豚の排せつ物のバケツを持ち上げ、わたしに注ぎかけるようでした。わたしは彼に言いました。「これは自白を強要するためにあなたが使っている残酷で異常な罰です」。わたしがこう言うのを聞いたとき、彼は突然止め、わたしに豚の排せつ物を注がずにバケツを降ろしました。皮靴を履いている別の邪悪な警官は自分のかかとでわたしの足の親指を踏み、思い切りかかとをぐるぐると回しました。激しい痛みが体全体に伝わり、わたしは痛みで大声を上げずにはいられませんでした。衣服は汗でぐしょぐしょになり、激怒した邪悪な警官はわたしの親指の爪が裂けてはがれるまで踏みつけぐるぐると回し続けました。この時までに、わたしのつま先はすでに切断され、血まみれでした。極度の苦痛の中でわたしは神に叫び続け、神がわたしの心をお守りになり、わたしがサタンに屈服しないよう、わたしが神への証を立てられるよう願いました。悪魔の残酷さはこれ以上のものです。わたしは同胞が尋問から戻って来るのを見ましたが、彼はすでに苦しめられ瀕死でした。彼の全身は傷つき、打撲され、彼は死にかけているように見えました。邪悪な警察は彼が死ぬかもしれないと思い、しぶしぶ彼を解放しました。その後、警察はさらなる尋問のためにわたしの同胞とシスターをひとりずつ連れて市内の特別機動隊に連れて行きました。

わたしたちが特別機動隊に到着したとき、邪悪な警察はわたしたちの服を無理やりすべて脱がせ、そして手錠をかけ、足かせを付けました。それから彼らはわたしたちに屈辱を与えようと、中庭の周りを3周スキップさせました。その後、彼らはわたしたちを別々に監房に入れました。監房に閉じ込められていたのはすべて殺人犯でした。彼らはことごとく悪魔や怪物のようでした。邪悪な警察は囚人たちにわたしを苦しめるよう命じましたが、神の保護のために、捕虜たちはわたしを虐めるどころか、本当にわたしの世話をしてくれました。4日の後、神を裏切り、兄弟姉妹を売るよう邪悪な警察はわたしを強いましたが、わたしは話そうとしませんでした。彼らは私ともう一人の同胞を連れ中庭に引きずっていき、わたしたちに手錠と足かせを付けました。黒い袋がわたしたちの頭に被せられ、中庭の中央にある木からわたしたちを吊り下げました。残虐行為の熱狂の中で、彼らは木のいたるところにアリを置きました。何千ものアリはわたしたちを噛みながら、ひっきりなしにわたしたちの体を這いまわりました。何千ものアリの拷問は心臓を貫く何千もの矢の拷問と似ていたので、生きるよりも死を魅力的に見せました。わたしは力を振り絞り、わたしの苦しみの中で神が意志と力をお与えになり、神を裏切ることにわたしが抵抗できるよう、わたしの心と霊をお守りくださるよう神に祈るだけでした。この時、神の言葉がわたしの心に現れました。「わたしの栄光が宇宙を満たし、すべての人々がわたしのために最後の苦難に遭う。あなた方にはわたしの旨が分かるだろうか。これがわたしの人に対する最後の要求である。つまり、わたしは全ての人々が赤い大きな竜の前で、力強く、明確なわたしの証しとなれることを望む。最後に彼らがわたしのために自らを捧げ、最後にもう一度わたしの要求を満たすことを望む。あなた方にはこれが本当にできるか。かつてのあなた方はわたしの心を満たすことができなかった。最後の時にこの型を破ることができるか。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「三十四番目の言葉」より)神の言葉によってわたしの心は力で満たされました。わたしたちを救うために神は中国共産党政府によってあらゆる方法で追跡されました。神には枕も家と呼べる場所もありませんでした。今日わたしはキリストと共に苦しめます。これは神の愛であり、わたしのための神の高揚です。わたしが神に栄光を与えることができる限り、わたしは幸せであり死をためらわないでしょう。わたしは神の言葉にすがり、苦しみのあらゆる瞬間を乗り切りました。わたしたちは2日間昼も夜も木の上に吊り下げられました。3日目になると、わたしは本当にもう耐えられませんでした。季節は初冬で雨が降っていて、わたしが着ていたものは裏地のない衣服でした。わたしは裸足で木に吊り下げられ、食べものも飲みものもありませんでした。飢えと寒さの苦しみと耐え難い痛みにより、私は死にたくなりました。わたしができることは全力を尽くして祈ることでした。肉の弱さのために苦しみに対処できず、神を裏切ることを深く恐れました。苦しみのただ中で、わたしは恵みの時代から使徒ステパノを思い出しました。彼は主イエスの福音を広めていたので、群衆によって石打たれ殺されました。死ぬ前に彼の霊を受け入れていただけるよう彼は神に頼みました。それゆえ、わたしは神に祈りました。「ああ神よ、わたしの肉はあまりに弱く、今わたしは耐えられるよりも多くの痛みを受けました。わたしは神がわたしの霊を受け入れられることを望みます。神を裏切るよりもわたしは死にたいからです」。祈った後、最も予期しない奇跡が起こりました。わたしは幽体離脱を経験し、草地に連れて行かれました。青々とした緑の草があちらこちらにあり、牛と羊がまわりにいました。わたしの気持ちはとても悠々とし、神を高らかに賛えざるを得ませんでした。「全能者である神を高らかに賛美しなさい、天と地の万物は神を賛美し、神を賞賛しなさい、すべてが神を賞賛するでしょう。神の天使たちすべてを立ち上がらせ、神を賛美させなさい、天国のあらゆる人々に神を賛美させなさい。宇宙の広がりは神、全能者である神を賛美します。輝く星は神を賛美し、天と地と海は神を賛美します。それらはすべて神を賛美します。山と丘に全能者である神を賛美させ、波と大波に神を賛美させ、高きところの神、全能者である神を賛美させなさい。いと高きところの全能者である神を賛美しなさい、タンバリンと踊りで神を賛美し、神を高らかに賛美しなさい。全能者である神を楽器とトランペットの音で賛美し、シオンの聖なる人々に神を賛美させ、すべての人々に神、全能者である神を賛美させなさい。ああ全能者である神よ、神を高らかに賛美しなさい。雷の轟きは神を賛美し、神を高らかに賛美しなさい。壮大な空は全能者である神を賛美し、息あるものすべてに神を賛美させ、賛美の歌が地の果てを揺るがし、神を賛美しなさい」(「子羊に従い新しい歌を歌え」の「全能者である神を高らかに賛美しなさい」)わたしはこの比類のない喜びに完全に没頭し、自由の境界に住むうちに、木から吊されたことによる痛みと飢えと寒さ、そしてアリの噛み傷の痛みはすべて消えました。わたしが目を覚ましたとき、それはすでに三日目の夜でした。邪悪な警察はわたしを木から降ろしました。わたしは3日間吊り下げられて死んでいないだけでなく、霊に満たされていました。これは本当に神の万能の力と奇跡的な保護でした。わたしは心から感謝し、神を賛美しました。

4日目に邪悪な警察は再度わたしを尋問し、兄弟姉妹を売るようわたしに強制しようとしました。警官たちはまた、わたしがカルトを信じていると認めさせようとし、わたしに神を裏切らせ、真の道を放棄させようとしました。神の啓きはわたしに神の言葉を考えさせました。「人間が試練を受けている時に弱くなったり、自分に否定的になったり、神の意志や自分の実践の道に明瞭性を欠くのは、普通のことである。しかしいずれにせよ、あなたは、ヨブのように、神の業を信じ、神を否定しないようにする必要がある。」(『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬されることを体験しなければならない」より)神の言葉は真理を実践し、神の証を立てる勇気をわたしに与えました。何があってもわたしは神に抵抗し、神を冒涜することができませんでした。それゆえ、わたしは正々堂々と自信を持って言いました。「わたしは万物を支配する唯一の真の全能者である神を信じます。わたしは邪悪なカルトを信じておらず、あなたがたは真理を歪めて、わたしに罪を着せようとしています」。ひとりの邪悪な警官がこれを聞くと激怒し、長い木製の椅子をつかんで狂ったようにわたしを叩き始め、殺そうとしました。わたしが血を吐き出すまでその警官はわたしを叩きました。わたしの体は麻痺し、床で失神しました。わたしが意識不明になったのを見て、警官たちは冷たい水をわたしにかぶせてわたしを起こし、わたしを殴打し続けました。この悪魔的で非人間的な暴行の間、わたしの胸と背中は完全にあざだらけで、体の内部がかなり傷を受けました。1週間後、尿は血で真っ赤で、右の腎臓はひどく損傷していました(今日でもまだ強い痛みがあります)。1ヵ月後、邪悪な警察は何の証拠も見つけられなかったので偽の資料を作り、わたしに署名するよう強いました。それから警察はわたしを市の拘置所に閉じ込めました。3ヵ月後、警察はわたしを「社会法の執行を破壊する」容疑で起訴し、1年間の労働改造の刑を宣告しました。強制労働収容所でわたしは非人間的な生活を送りました。わたしはいつも空腹で、毎日十数時間働かなければなりませんでした。わたしは刑務所警察に頻繁にいじめられ、侮辱されました。警官たちはわたしに電気警棒を使うか、小さな暗い部屋にわたしを閉じ込めました。神がわたしをお見守りになり保護されなければ、わたしは邪悪な警察によって苦しめられて死ぬことになったでしょう。2003年11月7日、刑は満了し、わたしは地上の地獄から解放されました。

あの残酷な迫害を経験した後、中国共産党政府の他の発言の中でも「共産党は偉大で、輝かしく正しい」と「中国には宗教の自由がある」という宣言は、実際には公衆を欺き市民を惑わす悪意ある策略の表現そのものであるとわたしは最終的に理解しました。わたしはこの古い悪魔が心の底から大嫌いです。それは社交辞令を話し、極度に邪悪なことをします。世の終わりの神の働きを禁止し、中国を無神論的な場所にするため、遠慮なく信者を追いかけ、虐殺します。その残虐行為の程度はすでにその極みに達し、人々を憤慨させました。尋問の過程で残虐な人々によりどのようにわたしが絶え間なく残酷に拷問され、自白を強要され、むごく苦しめられたかを思い起こします。わたしは幾度も叩きのめされ、神の保護がなければ、わたしはこの残虐な人々に飲み込まれていたでしょう。わたしが極度に弱っていた時、全能者である神の言葉はわたしを絶えず励ましてくれました。「あなたがたは、与えられた祝福を受け入れたことがあるか。あなたがたは、自分に対して結ばれた約束を探したことがあるか。あなたがたは、必ずや、わたしの光の導きの下、闇の力の拘束を打ち破るだろう。あなたがたは、絶対に、闇のただ中にあって、あなたがたを導く光を失いはしないだろう。あなたがたは、必ずや、すべての被造物の主人となる。あなたがたは、必ずや、サタンの前で勝利する。あなたがたは、必ずや、赤い大きな竜の国が滅びるとき、無数の者たちの中で立ち上がり、わたしの勝利を証しする。あなたがたは、必ずや、秦の国にあって、堅固で揺るぎないだろう。あなたがたの耐え忍んだ苦しみによって、あなたがたはわたしからの祝福を相続する。そして、必ずや、全宇宙においてわたしの栄光に輝くだろう。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「十九番目の言葉」より)神の言葉はすがることのできる何かをわたしに与えてくれました。わたしが極度に苦しみ弱っている間、それは神の言葉の啓きと導きをわたしに享受させました。これは、この暗く長い時間を通してわたしが得ることのできた唯一の道でした。わたしは中国共産党政府によって何度も逮捕され、迫害され、わたしの肉は無慈悲な虐待と苦しみにあいましたが、過去に理解できなかった多くの真理をわたしは真に理解し、中国政府の反動的な不正の悪魔的本質をわたしははっきりと理解します。わたしはまた全能者である神のわたしへの真の愛を経験し、神の全能の知恵とすばらしい行いを味わいました。それは神を愛し、満足させるようわたしをかき立てます。今日、これまでと同じくわたしはやはり教会でわたしの本分を尽くします。わたしはいのちの正しい道で神に従い、真理を求め、意味あるいのちを生きようとします。