心の奥の秘密

2017年12月19日

2006年春、私はあまりにも「イエスマン」すぎるという理由で指導者の地位を剥奪され、故郷に送り返されました。故郷に戻るとすぐ、苦悩と苦痛の試練に陥りました。指導者として何年も働いた後、「イエスマン」だという理由で下り坂を転がり落ちることになるとは思ってもいなかったのです。私は、「これで私も終わりだ。親しい人はみんな私の失敗を知り、私は教会で悪い例として取りあげられるだろう。そうなれば、どうして他の人と顔を合わせることができるだろう」と思いました。考えれば考えるほど消極的になり、ついには真理を求め続ける信念まで失ってしまいました。しかし、ここ数年の間に払った犠牲や、自分が費やしたことを振り返ると諦めきれず、こう考えました。「自分自身に完全に見切りをつけ、失敗を受け入れてしまったら、今までの努力がすべて無駄になるのではないか。そうしたら、人々は私をさらに見くびるのではないか。そんなわけにはいかない。毅然とした態度をとり、人から見下されないようにしなくてはいけない。これからは、どれだけの努力が必要になっても、どれだけ不当な扱いを受けても、元気を出して頑張るしかない。中途半端で終わるわけにはいかない。失敗から得た教訓を忘れず、真理を求めることに集中していれば、また指導者になれる日が来るかもしれない」こう考えていると、消極的な考えや悲しみがすべて薄れてゆき、真理を追い求める新たな活力を感じました。

私はその時から、自分が過去に犯した過ちを反省して洞察しながら、毎日長時間にわたって積極的に神の言葉を飲み食いし、自分に真理を備えました。説教の文章に加え、自分のいのちの経験を詳しく記したエッセイを無数に執筆しました。その後しばらくして、二つのエッセイが選ばれたことを知り、自分の追求により強い信念を抱くことができました。私は内心、「この調子で働き続けていれば、すぐにでも夢が現実となるだろう」と考えました。このようにして追求を続け、自分の状態がおおむね「普通」に戻ったと安心していました。

心の奥の秘密

ある日、ディボーションに取り組んでいたときのこと、私は神様の御言葉のある一節に引きつけられました。「自分を認識しようとするなら、自分の本当の状態を理解しなければなりません。自分の状態を理解する上で最も重要なのは、自分の思いや考えを把握することです。あらゆる時代において、人の考えは一つの大きな事柄によって支配されてきました。自分の考えを把握できれば、その背後にあるものを把握できます。」(『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より)神様の御言葉を振り返っていたところ、突然次の疑問が湧きました。「今、何が私の思考を支配しているのだろう。私の思考の裏に何が隠れているのだろう」自分の思考過程を慎重に振り返りだすと、神様のお導きがあり、解任されて以来、自分の思考が「以前の評判と地位を頑張って取り戻し、自立しなければならない。他の人たちから見下され続けるわけにはいかない」という欲求に支配されてきたのだと気づくようになりました。この思考は精神的支柱のようなもので、それによって絶望の試練を耐え抜くことができ、目標を追求する気力を得てきました。私はこの思考を念頭に置いて、「侮辱と屈辱」を絶え間なく浴びながらも、「確固として揺るぎない」姿勢を保ち続けてきたのです。その瞬間、自分の追求は不純で、私欲にまみれ、まったく前向きでないことに気づきました。

振り返ってみると、神様は私を暴かれることで、私が断固として率直に真理を追い求め、悪と罪を捨て去り、神様の救いにあずかれるよう、自分を見つめ直して自身のサタン的本性を理解できるようにしてくださったのだとわかります。しかし、私は神様の救いという賜物に感謝せず、悪事を働いた自分を憎むこともしませんでした。その上、神様のご期待に沿えなかった自分を責めたり、それを悔いたりすることもありませんでした。それどころか、「何としても勝利を手にする」という傲慢な本性に突き動かされてこの陰謀計画に精力を傾け、復活して指導者に再び任命され、自分がすっかり台無しにした評判を取り戻す日のことしか考えていませんでした。実質的には、人々から称賛され尊敬される姿を再構築しようと望んでいたのです。私は極めて傲慢で、心の中に神様への畏れや畏怖はこれっぽっちもありませんでした。私は神様の指揮と采配に逆らっていたのではないでしょうか。自分を神様と敵対させていたのではないでしょうか。自分の以前の状態を振り返ると本当にぞっとします。自分の思考の裏にこのような狂気じみた野心が隠れていたとは思ってもいませんでした。神様が「自分の考えを把握できれば、その背後にあるものを把握できます」とおっしゃったのも納得できます。まさにその通りです。以前私は、自分の思考はつかの間の観念に過ぎないと考え、時間を割いて分析したり理解したりしようとはしませんでした。今になって初めて、自分の思考を把握し、心の奥底に潜む物事を積極的に分析することが、自分の内なる本性を理解するにあたって大いに重要なのだとわかります。

この啓示をもたらしてくださった神様に感謝いたします。おかげで私は盲目な状態から脱することができました。さもなければ、依然として自分の誤りに目をくらまされ、盲目な野心を胸に、差し迫る自身の破滅に向かって突進していたことでしょう。何と恐ろしいことでしょう。またこの過程を通して、神様は指導者から解任なさることで私を守り、救いを授けてくださったのだともわかりました。これほど傲慢と野心に満ちていた私が、神様の刑罰と裁きによる苦難の試練を受けていなければ、必ずや反キリストになり、自分の破滅を招いたことでしょう。愛しき神様、私は不正な追求をすべてやめ、傲慢と野心を捨て去り、あなたのあらゆる指揮に従うことを誓います。そして熱心に真理を追い求め、あらゆる本分を尽くし、本物かつ真実の人として生き、あなたの心をお慰めして参ります。

山東省臨沂市 無知

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を信じる道に踏み出す

1991年、私は神の恵みにより、病気がきっかけで全能神に従い始めました。当時は神を信じることについて何も知りませんでしたが、面白いことに、私は全能神の御言葉を飲み食いするのを楽しんでいました。その御言葉をとても素晴らしいと感じ、歌ったり祈りを捧げたりしていると、涙を流すほど聖霊に感動することがたびたびあったのです。心の中に感じる優しさや喜びは、まるで楽しい出来事が起きたかのようでした。

地位を失ってから

神よ!私に地位があろうとなかろうと、私は今自分をしている、私の地位が高ければそれは貴方が私を高めたおかげで、逆に低ければそれは貴方の定めだ。

人間の腐敗における真理に対する理解

神が人間に示した言葉の中で、私は次の節を見つけました。「かつて彼らは赤い大きな竜の子孫だと言われた。実のところ、はっきり言って彼らは赤い大きな竜の化身なのである。」(『言葉は肉において現れる』の「三十六章の解釈」より)「これは私には当てはまらない」と思いました。神はこれらの言葉を…

私はなぜパリサイ人の道を歩んでいたのでしょうか

私は傲慢で、うぬぼれた人間です。地位は常に私の最大の弱点でした。何年もの間、私は評判と地位に縛られ、自分を解放する事ができない状態にありました。昇格されては、異動させられるという事を何度も繰り返してきました。自分の地位を担う中、何度も挫折を経験し、これまで多くの難関を乗り越えてき…

コメントを残す