人との協力を拒んでいた理由

2023年7月12日

ある日、福音の働きの責任者を選ぶ選挙が行われました。その選挙の結果、なんと私が選ばれたんです。うれしかったです。選ばれるということは、皆より素質と能力が高いということですから。でも同時に不安も覚えました。結果が出せなければ皆の期待を裏切ることになって、責任者に向いてなかったと思われてしまう。兄弟姉妹をがっかりさせたくなかった。せっかく選ばれたのだから、私には優れた素質と高い能力があって、福音の働きを進められると示したかった。そして、働きに全力を注ぎ始めました。当時、コリーナが私の働きを監督していましたが、働きについて相談することはほとんどありませんでした。将来の計画を伝えず、いつも自分で物事を進めていました。ワン姉妹が話し合いたいと思っても私がつかまらない状態で、どこに行ってたのと聞かれた時は、適当な口実を作ってごまかして、働きについて詳しいことは話しませんでした。こう思ってました。いくらか成果が出せたらワン姉妹と話をしよう。そうすれば、私の素質と能力を認めてもらえて、助けがなくても成果が出せることを知ってもらえるし、兄弟姉妹には私を選んで正解だった、私が働きに適任だと考えてもらえると。当時、ジェリーが熱心に本分を尽くしていて、福音の働きでも私より優れた成果を上げていました。コリーナがその働きぶりを褒めているのを聞いて、心が乱れました。私は責任者で、ジェリーは普通の福音役なのに、そんなに積極的に本分を尽くして、私と張り合いたいの? みんなが彼を責任者に選んだらどうしよう。そうなれば、面目丸つぶれだわ。絶対に受け入れられませんでした。

一度、コリーナがジェリーと私に仕事に割り当てたのですが、私は共同ではなくて一人でやりたかった。ユンシャン兄弟の本分への熱意はみんな認めていたから、一緒に行けば、成果の半分はユンシャン兄弟のものになって、さらにみんなから尊敬されてしまうのでは? そう思ったので、私は1人でその仕事を終わらせました。一刻も早く成果を出したかった。私が成果を上げている限り、みんなが認めて、褒めてくれると思ったんです。その後、さらに本分に力を注ぐようになりました。でもどんなに努力しても、辛い思いをしても、成果を出すことができなくて、神への不満を抱えるようになりました。こんなに努力しているのに、どうして祝福を受けられないの? と。ひどい状態に陥って、本分への意欲もなくなりました。私の状態を知ったコリーナが、交わってくれました。「成果を出せていないようだけど、働き方に問題があるのでは? 状況を把握して、改善しなければだめよ。いつも一人でやろうとしているけど、それは正しいやり方じゃないわ。みんなと協力しなければ」と。自分の問題を指摘されて、反抗心が芽生えました。私のやり方に問題? 前からこのやり方で成果を上げているんだから、私のやり方が正しいということだわ。問題なんてない。そう思い、やり方を改めることはありませんでした。その頃は、兄弟姉妹に何度実践の正しい道を交わってもらっても、まったく耳を貸さず、受け入れようともしなかった。みんなの言うとおりにやってみて、成果が出てしまったら、こう言われると思ったんです。「あなたが成果を出せたのは、アドバイスが良かったからだ」と。みんなの手柄になったら、誰が私を褒めてくれるの? だから、頑なに1人で仕事をしようと思っていました。あっという間に半月が過ぎましたが、まだ成果を上げられませんでした。本当に惨めでした。休むことなく毎日働いているのに、どうして成果がでないの? と思った。問題の原因はわからないまま。反省することはありませんでした。2週間後、兄弟に責められたんです。「あなたは責任者なのに、皆と協力せず、いつも単独作業ばかり。それでは成果なんて出せません。働きに遅れが出ますよ」と。それを聞いた時は腹が立ったのですが、その後でまさにその通りだと思ったんです。兄弟姉妹から何度も周りと協力すべきだと言われていたのに、単独作業を続けたので、働きで成果が出せず、遅れを招いたんです。それに気づいて罪悪感を感じ、変わりたいと思うようになりました。

その後、指導者に自分の問題を打ち明けました。するとこの御言葉を送ってくれたんです。「神の家で、人が世俗の哲学によって生きるなら、そして自分の観念、意思、欲望、利己的な動機、才能、利口さを頼りにして人付き合いをするなら、神の前で生きることは決してできず、結束を成すことも不可能です。これはなぜですか。サタンの性質によって生きると、人は結束することができないからです。では、このことの最終的な結末は何ですか。神はそうした人たちに働きかけません。神の働きなしに、自分のわずかな能力や利口さ、些細な専門性、それまでに得たほんの少しの知識や技能に頼る人は、神の家で最大限に活用されるのも、神の旨に沿って行動するのも非常に難しくなります。神の働きがなければ、神の旨や神の要求、あるいは実践の原則を把握することは決してできません。本分遂行の道と原則を知ることはなく、神の旨に沿って行動するにはどうするべきか、どのような行動が真理の原則に反して神に逆らうのか、決してわかりません。こうしたことが何一つわからなければ、あなたはただ闇雲に規則を守り、規則に従っているに過ぎません。こうした混乱した状態で本分を尽くすなら、必ずや失敗します。神の承認を得ることは絶対にありません。神の嫌悪と拒絶を招き、淘汰されるのは確実です」(『終わりの日のキリスト講話集』「調和のとれた協力について」〔『言葉』第3巻〕)。御言葉を読んでわかりました。本分を尽くす時は、私心や欲望を満たそうとしたり、自分のスキルや小手先の機転だけに頼ることなく、兄弟姉妹と協力して取り組み、話し合い、合意に達するようにしなければ、聖霊の働きは得られず、神の祝福も受けられません。でも私は、責任者に選ばれて以来、自分は人と違う特別な人間で、人にはない強みがあると思い、1匹オオカミのように振る舞い、誰とも協力しなかった。一人だけ目立って、みんなに尊敬され、認められたかったから。自分の指導者と働きについて話し合うこともせず、事前に相談せずにプロジェクトに取り組んだ。成果を出してから報告すれば、素質と能力を認めてもらえるし、責任者にふさわしいと思ってもらえるから。でも原則を求めていなかったので、本分で成果を出せず、理知を失って、祝福をくれない神に文句を言い神を責め、本分をやめようとさえ思った。まるで分別のない人間でした! やっとわかったんです。自分の欲望を満たすために本分に単独で取り組み、原則を求めず、人と協力しなければ、いくら本分を尽くしても成果を出せない。そして私の行動は神に憎まれ、変わらなければいずれ神に見捨てられると。このことに気づいて、急いで神に祈りました。「神よ。誰とも協力せずに単独で本分を尽くしても、あなたは喜ばないのですね。これまでの行動を改め、兄弟姉妹と協力できるように、私を導き、助けてください」と。

この御言葉を読みました。「『調和のとれた協力』という言葉は、文字通りの意味は簡単に理解できますが、実践するのは困難です。この言葉の実際の側面を生きるのは、簡単なことではありません。なぜ簡単ではないのですか。(人には堕落した性質があるからです。)その通りです。人には傲慢、邪悪、頑なさなどの堕落した性質があり、それらが真理の実践を妨げます。他の人と協力するとき、あなたはありとあらゆる堕落した性質を示します。例えば、このように考えます。『わたしをあの人と協力させようとしているが、あの人はふさわしいのか。素質に欠ける人と協力すれば、わたしは人から見下されないだろうか』。また時として、『あの人はあまりに鈍感で、わたしの言うことがわからない』とか、『わたしが言うことは思慮深く洞察に富んでいる。あの人に教えて身につけさせても、それでもわたしは目立てるだろうか。わたしの提案が一番だ。わたしはただ提案するだけで、あの人にやらせたら、それがわたしの手柄だと誰がわかるだろうか』などと考えることさえあります。このような思いや考え、このようなたわごとはよく見聞きするものです。こうした思いや考えがあるなら、喜んで他の人と協力する気になりますか。調和のとれた協力を成し遂げることができますか。それは簡単なことではなく、一定の困難が伴います。『調和のとれた協力』という言葉は、言うのは簡単です。口を開けばすぐに出てきます。しかし実践するとなると、あなたの内にある障害が大きく立ちはだかります。思いはあちこちに行きます。時おり、気分がいいと、他の人たちと多少は交わることができるかもしれませんが、気分が悪いと堕落した性質に妨げられて、調和のとれた協力をまったく実践できません。指導者として、誰とも協力できない人がいます。このような人はいつも他人を見下し、常に人の選り好みをし、人の欠点を目にすると、その人を批判して攻撃します。そのせいでこうした指導者は腐った林檎となり、交代させられます。彼らは『調和のとれた協力』という言葉の意味を理解していないのですか。実は、とてもよく理解していますが、単に実践することができないのです。実践できないのはなぜですか。地位を非常に大切にすることと、あまりに傲慢な性質のせいです。彼らは自分を引き立たせたくて、ひとたび地位を手に入れると、それが他人に奪われて自分には威力がなくなってしまうことを恐れ、手放そうとしません。人からのけ者にされ、高く評価されず、自分の言葉に力や権威がなくなるのを恐れているのです。彼らが恐れているのはこれです。彼らの傲慢さはどれほどですか。彼らは理知を失い、勝手気ままで軽率な行動に走ります。では、その結末は何ですか。本分の遂行がまずいだけでなく、行動も妨害と騒動を引き起こし、配置換えとなって交代させられます。言ってみなさい。こうした性質のこのような人が本分を尽くすのに適した場所はありますか。残念ながら、このような人はどこに配置されようと、本分を正しく尽くすことはありません。彼らは他の人と協力できないのです。では、これは単独でなら本分をしっかり尽くせるということですか。そうではありません。単独で本分を尽くすなら、さらに抑制が効かなくなり、勝手気ままで軽率な行動をさらに行なえるようになってしまいます。本分をしっかり尽くせるかどうかは、才能や素質の高さ、人間性、能力、技能の問題ではありません。あなたが真理を受け入れる人かどうか、真理を実践できるかどうかに左右されるのです」(『終わりの日のキリスト講話集』「本分を正しく果たすには調和的協力が必要である」〔『言葉』第3巻〕)。御言葉によれば、本分で人と協力できない原因は傲慢な性質です。神は私たちが互いに協力し、助け合い、弱みを補い合うことを望んでいます。それによって、自分の堕落を抑えることにもなるので、自分のためにも、働きのためにもいいことです。でも私はプライドが高すぎて、誰とも協力する必要はない、一人で成果を出せると思っていました。私の能力を際立たせるには、1人で本分を尽くさないとだめだと考えていたんです。だから誰とも協力せず、アドバイスも受け入れなかった。自分だけが輝こうと思って、本分で進むべき道を見失っても、解決しようとしなかった。コリーナに働きの成果が出ていないから、やり方を変えるべきだと言われた時も正しいと思いながら聞く耳を持ちませんでした。もし言うことを聞いて、成果が出てしまったら、他の人の手柄になって、誰も私を褒めないと思ったんです。コリーナがジェリーを私の同労者にした時も、手柄をとられてしまうんじゃないか、一緒に成果を出したら、ジェリーの評価が上がって、私は普通の兄弟にも及ばない、無能な責任者だと思われるんじゃないかと心配になった。名声と地位を守るために、人と協力せず、全部自分でやろうとした。本分を尽くしていると見せかけて、地位を追い、自分を目立たせようとした。まさに傲慢な性質を表していました。

その後、この御言葉を読みました。「指導者や働き手として、自分が人より優れていると常に考え、政府の役人のように自分の本分に耽り、いつも自分の地位の特権にふけり、いつも独自の計画を立て、いつも自分の名声と地位を考え享受し、いつも独断で物事を行い、さらに高い地位を得て、もっと多くの人を管理、支配し、権力を拡大していくことを常に目指しているのであれば、それは問題です。まるで政府の役人のように、重要な本分を自分の地位を享受する機会ととらえることは危険です。もしもあなたが常にこのように振る舞い、他の人と協力することを望まず、自分の力を弱めて人と分け合うことを嫌がり、誰かが自分より有利な立場に立ったり、脚光を浴びたりすることを望まず、権力を独り占めしたいと考えているならば、あなたは反キリストです(『反キリストを暴く』「第8条 彼らは人を自分にだけ従わせ、真理や神には従わせない(1)」〔『言葉』第4巻〕)。この御言葉はまさに私の状態を表していました。私は本分を役所仕事のように扱い、責任者の地位を得たことで、その地位がもたらす栄光に酔いしれて、兄弟姉妹から尊敬され、認められ、高い素質や能力があると言ってもらいたくて、周囲との協力を拒みました。他の人に手柄を取られ、栄光を盗まれるのではと思い、全部1人でやろうとしたんです。成果が出たら手柄を独り占めできて、みんなの注目を浴びることができるから。名声と地位を守ろうとするあまり、働きの成果全体を考えることも、周囲の助けを受け入れることもなかった。本当に傲慢でした! 私は堕落した人間なので、働きでは多くの間違いや問題があり、考えが及ばないこともたくさんあるのに、傲慢になり、人より優れていると思い込み、自分には問題がない、誰とも協力したくないと考えたんです。この状態が続けば、いずれ教会の働きに支障が出て、そのまま悔い改めなければ、反キリストになっていたでしょう。それに気づいて、本当に恐ろしくなり、変わりたい、地位への欲を捨て本分をうまく尽くしたいと強く思いました。

その後、この御言葉を読みました。「いつも自分のために物事を行なったり、絶えず自身の利益を考えたりしてはいけません。自分の自尊心、評判、あるいは地位を考えないこと。また、人の利益を考慮してはいけません。まずは神の家の利益を考慮し、それを最優先にしなければなりません。神の旨を想い、自分が本分を尽くす中で不純だったかどうか、忠誠を尽くし、自分の責任を果たし、自分のすべてを捧げたかどうか、そして自分の本分と教会の働きを心から考えてきたかどうかを熟慮することから始めなさい。あなたはこれらのことを考えなければなりません。これらのことを頻繁に考え、はっきりさせなさい。そうすれば、立派に本分を尽くすのがより簡単になります。素質が劣っている、経験が浅い、あるいは自分の業務に熟練していない場合、働きの中に誤りや欠陥があったり、結果が思わしくなかったりするかもしれませんが、それでもあなたは全力を尽くしているでしょう。何をするにせよ、それは自分の利己的な欲求や好みを満足させるのではありません。むしろ、教会の働きと神の家の利益を絶えず考慮するのです。立派に本分を尽くしていないかもしれませんが、心は正されています。そのうえ、真理を求めて本分における問題を解決できれば、あなたの本分は基準に達し、あなたは真理の現実に入れます。これが証しをするということです」(『終わりの日のキリスト講話集』「第三部」〔『言葉』第3巻〕)。御言葉は明確に示しています。本分は個人の事業ではないので、自分の利益や、名声や地位への欲を満たすために行うべきではなく、心を込めて懸命に尽くし、個人的な動機は捨ててすべてにおいて神の家の利益を考えるべきだと。でも私は、名声や地位のことしか考えず、地位のために本分を尽くしていたので、段々と本分で成果が出せず、福音を働きを遅らせてしまった。体面や地位のために働くのはもうやめよう、全てにおいて神の家の利益を考えようと思いました。その後、評判や地位を意識せず、兄弟姉妹と協力し、良い仕事をし、責任を果たすように努めました。そのような実践をすることで、心が穏やかになりました。

一度、2人の姉妹と福音を広めに行った時、その対象者が熱心に真理を求める様子を見て、思いました。もし一人で来ていたら、私の交わりが良かったからだとほめてもらえていたわと。そして2人と来たことを後悔したんです。でもすぐに、その考えが正しくないと気づきました。また個人の名声や地位にとらわれ、単独行動をしようとしていた。だから静かに神に祈りました。個人の利益について考えるのはもうやめます、と。すると、段々心が落ち着いてきて、交わりをもち、神の証をすることに集中できました。そして神の導きの下、7,8人が神の御働きを受け入れたんです。本当に感動して、主イエスの言葉を思い出しました。「また、よく言っておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである(マタイによる福音書 18:19-20)。その時気づいたんです。人は完ぺきではなく、誰だって強みと弱みがある。仲良く協力し、兄弟姉妹と話し合い、互いの弱みを補い合えば、働きでの失敗を徐々に減らして、より大きな成果を上げることができます。そして今、他の兄弟姉妹と本分を尽くしてみて、彼らが細かいところまでよく気がつき、福音の対象者に丁寧に心を配っていることがわかりました。それは私に欠けている長所で、彼らから多くを学ぶことができました。本分で進むべき道が分からなくなった時は、兄弟姉妹に助けを求め、何をすべきか話し合い、働きで成果をあげることができています。神に感謝! 本分で兄弟姉妹と協力することがいかに大事かを実際に体験できました。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

救いに地位は必要なのか

何年もの間、私は家を離れ、複数の教会を担当する指導者として働いていました。先天性の心臓病を抱えてはいたものの、特に大きな健康問題はありませんでした。でも年齢を重ねるにつれて、精神的にも肉体的にも前のようにいかなくなり、少し夜更かしをすると、次の日に響いてしまって、体に力が入らず、…

ようやく人間らしく生きる

チョウホン 中国  2018年に教会指導者になったとき、優れた素質の持ち主で、真理を追い求めているヤンという名の姉妹がいました。わたしは「彼女をきちんと訓練できれば、わたしも楽に物事を進められるし、働きも改善して指導者に褒めてもらえる」と思って彼女の訓練に力を入れ、彼女が問題に突…

地震のあと

2019年に終わりの日の全能神の働きを受け入れ、その後御言葉をたくさん読んだけど、そのたびに、神が面と向かって話されてるように感じたわ。糧を得て、心から楽しんで享受した。こんな感覚は初めて。交わりでこう聞いた。生きている間は神を信じて御言葉を読み、被造物の本分を尽くすべき。父は信…

沈黙の裏側で

ギリシア 立志 しばらく前のこと、私は編集の本分を尽くすことになりました。ともに編集の本分についている兄弟姉妹はとても経験豊富で、原則を理解しており、優れた素質の持ち主でした。真理を理解しているのは誰か、真の才能と確固たる知識を持っているのは誰かを、みんな識別することができたので…