人が立てるべき証し

証しに立つためには、神の業や、神が人間をどう征服するか、どう救うか、どう変えるか、そして人間が征服され、完全にされ、救われることが可能となるよう、人間をどう導いて成長させるかについて話をする必要がある。証に立つとは、神の業と、あなた自身の全ての経験について話をする事である。神の業のみが神を表し、神の全体を公的に明示できるのは神の業のみである。神の業は、神の証しに立っている。ゆえに、あなたが神の証しに立つ時、それは神の普通の人間性の外観ではなく、神が行う業と、神が導く道を証するのであり、あなたがどのようにして神に征服されたか、どの面で完全にされたかを証するものである。これが、あなたが立つべき証である。


あなたは、刑罰、裁き、精錬、試練、挫折、苦難の各段階を経験してきた。そして、あなたは征服を得て、肉の将来の見通し、自分の個人的動機、肉の個人的利益を捨てた。つまり、あらゆる者の心が神の言葉により征服された。あなたのいのちは神が要求する程度まで成長していないが、あなたはそうした物事を知り、神の業により完全に確信している。それならば、これは証であり、その証は本物である。神が来て行った業、すなわち裁きと刑罰は、人間を征服するためのものであるが、神はまた業を完了し、この時代を終わらせ、神の業の最終章を行う。神は、その時代全体を終わらせ、人類全てを救い、罪から完全に解放し、神が造った人類を完全に得る。これが、あなたが証に立つべき事の全てである。


『言葉は肉において現れる』の「実践(7)」より編集

前へ: 神の働きの目的と意義を知っているか

次へ: 信仰において神を証しするには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索