人が立てるべき証し

証しに立つためには、神の業や、神が人間をどう征服するか、どう救うか、どう変えるか、そして人間が征服され、完全にされ、救われることが可能となるよう、人間をどう導いて成長させるかについて話をする必要がある。証に立つとは、神の業と、あなた自身の全ての経験について話をする事である。神の業のみが神を表し、神の全体を公的に明示できるのは神の業のみである。神の業は、神の証しに立っている。ゆえに、あなたが神の証しに立つ時、それは神の普通の人間性の外観ではなく、神が行う業と、神が導く道を証するのであり、あなたがどのようにして神に征服されたか、どの面で完全にされたかを証するものである。これが、あなたが立つべき証である。

あなたは、刑罰、裁き、精錬、試練、挫折、苦難の各段階を経験してきた。そして、あなたは征服を得て、肉の将来の見通し、自分の個人的動機、肉の個人的利益を捨てた。つまり、あらゆる者の心が神の言葉により征服された。あなたのいのちは神が要求する程度まで成長していないが、あなたはそうした物事を知り、神の業により完全に確信している。それならば、これは証であり、その証は本物である。神が来て行った業、すなわち裁きと刑罰は、人間を征服するためのものであるが、神はまた業を完了し、この時代を終わらせ、神の業の最終章を行う。神は、その時代全体を終わらせ、人類全てを救い、罪から完全に解放し、神が造った人類を完全に得る。これが、あなたが証に立つべき事の全てである。

『言葉は肉において現れる』の「実践(7)」より編集

前へ: 神の働きの目的と意義を知っているか

次へ: 信仰において神を証しするには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索