闇の中にいる者は起き上がるべきだ


幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で

幽霊がうろつき 人を騙し欺き

根拠無く人を告発していた

彼らは冷酷で残忍で

この地を踏み荒らし死骸で汚す


腐敗した悪臭が充満する

厳重に守られている

この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか?

ゴーストタウンの人々が

どうして神を見ることができようか?

彼らはかつて神の親愛と素晴らしさを

味わったことがあるだろうか?

彼らはこの世の事を分かってるのか?

彼らの中の誰が神の熱意を知ってるのか?

今がその時だ

この悪魔の醜い顔を引き裂くため

人は長きにわたり全力で取り組み

すべての代償を払ってきた

多くの苦難を受け盲目にされた人々は

苦痛から起き老いた悪魔に背を向ける


なぜ神の働きに障壁を置くのか?

なぜ神の民を騙すためいろいろ企むのか?

真の自由と合法的権利と公平はどこにあるのか?

慰めと温かみはどこにあるのか?

なぜ邪な計略で神の民を騙すのか?

なぜ神の来臨を弾圧するために暴力を使い


枕する所もなくなるまで神を追いつめるのか?

なぜ怒りを買わずに済むだろうか

心に溜まった何千年もの憎しみと

心に刻まれた千年の罪悪の全ては

嫌悪感をかき立てないか?

神の仇を打ち、神の敵を完全に終わらすのだ

今がその時だ

この悪魔の醜い顔を引き裂くため

人は長きにわたり全力で取り組み

すべての代償を払ってきた

多くの苦難を受け盲目にされた人々は

苦痛から起き老いた悪魔に背を向ける

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より

前へ: 神の意志を気づかえるのは誰

次へ: 神の人類への意志は決して変わらない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索