失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち!

神の日は遅れることがない

時は命、時をとらえることは命を救い

その時は近い

試験なら、落ちたとしても

学び直し、再挑戦できるが

神の日は決して遅れないことを

あなたは知らなければならない

覚えておくように

神のこれらの良い言葉は

あなたを促すためにある

終わりは目前で

災害が近づいている

大切なのはあなたの命か

それとも食べ物や衣服だろうか

今、熟考するべき時が来たのだ

人類は何と惨めで

貧しく盲目で、残酷なのか!

神の言葉は耳のそばを吹きゆく

風のようなものなのか

神の話は無駄だろうか

何故あなたはまだ怠慢なのか

神がこれらを誰に言っているのか

一度も考えたことはないのか?

神を信じなさい

神はあなたの救い主

そして全能者なのである

見張り続けよ

失われた時は戻らず

後悔に効く薬はない

神はどのようにあなたに告げるのか?

神の言葉は熟考に値しないのか?

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第三十章」より編集

前へ: 世界が崩れ、神の国が形作られる

次へ: 万象は神の手の中にある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索