孤独な魂が遠くから旅だち

未来をさぐり、過去を求め

労苦しながら夢を追い求める

どこから来てどこへ行くか知らず

涙のうちに生まれ

絶望のうちに消える

踏まれても、頑張りぬく

あなたの到来で辛い人生の漂流は終わる

希望を見出し、夜明けを喜び迎える

靄にかすんだ先に

あなたの姿を見る

それはあなたの御顔の輝き


昨日は異郷に彷徨ったが

今日は家へ帰る道を見つけた

傷つき人間性を失い

人生は夢だと嘆く

あなたの到来で辛い人生の漂流は終わる

もう迷った者でも、さまよう者でもない

今、自分の家で白い衣を見る

それはあなたの御顔の輝き

何度も生まれ変わり

幾年も待ちわび

全能者が今来た

孤独な魂は自分の道を見つけ

悲しいことはもうない

それは千年の夢

前へ: 神を信じることは何という喜び

次へ: 全能神、最も愛らしいお方

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索