別れの時

創造の時以来、わたしは終わりの日にわたしと心がひとつである人々の集まりを作ることを預言した。終わりの日に地上で模範を確立した後、わたしはわたしの住みかに戻るだろうと予告した。人々がみなわたしを満足させた時には、人々はわたしの求めを達成しており、わたしはもはや人々から何も求めないだろう。その代わり、人々とわたしはお互いにわたしたちの昔話をし、その後わたしたちは別々の道を歩む。わたしたちが別々の道へ進んだ後、人間へのわたしの「相続」が続けられることを望んでいる。わたしの生涯でわたしが与えた教えを忘れてはならない。わたしの名前に不名誉をもたらすようなことをしてはならない。そしてわたしの言葉を心に留めておくように。わたしが去ったとき、人間がわたしを満足させるために最善を尽くすことを願う。わたしの言葉を人間が自らの礎とすることを願う。わたしを失望させてはいけない。わたしの心は常に人々を労り、片時も離れなかったからである。

人々とわたしはかつて共に集まり、天にある祝福と同じ祝福を地上で享受した。わたしは人々と共に暮らし、人々と共に住み、人々はいつもわたしを愛し、わたしはいつも人々を愛した。わたしたちは互いに親しみを感じていた。人と一緒だったわたしの時を思うと、わたしたちの日々は笑いと喜びで満ちており、それ以上に、言い合ったことも思い出す。それにもかかわらず、わたしたちの間の愛はこの基礎の上で確立され、お互いの交流が途切れることはなかった。何年にもわたる繋がりのなかで、人々はわたしに深い印象を残した。わたしは人々に多くの楽しみを与え、それに対して人々はいつも大きな感謝の念を表した。今、わたしたちが会うのは以前のどのようなものとも違う。誰もがこの別れの瞬間を逃したくない筈だ。人々はわたしに深い愛情を持ち、わたしは人々に無限の愛があるが、それについて何をなし得るだろうか?誰が父なる神の求めに逆らおうとするだろうか?

わたしはわたしの住まいに戻り、そこでわたしの働きの別の部分を完成させる。おそらく再会の機はある。人々が過度に悲しまないこと、そして人々がわたしを地上で満足させることをわたしは願う。天にあるわたしの霊は人々にしばしば恵みを与える。わたしたちの間に起こった不愉快なことはすべて過去のものとし、わたしたちの間には常に愛があるように。わたしは人々に実に多くの愛を与え、人々は多大な犠牲を払ってわたしを愛した。だから、人々がわたしたちの間にあるまれに見る純粋な愛を宝物とし、わたしたちの愛が人々の世界全体に広がり、永遠に受け継がれるよう願う。わたしたちが再会するとき、わたしたちがやはり愛で結ばれており、わたしたちの愛が永遠に続き、すべての人々により賞賛され、語られるように。それによりわたしは満足し、わたしは笑顔を人々に示すだろう。わたしが人々に託したすべてを人が思い出すことをわたしは願う。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第四十七章」より編集

前へ: 神のメッセージ

次へ: 神の言葉は人にとって最善の訓戒

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索