真の信仰は神を知ってのみ得られる

今 神の業とは語ること 

もはや印や奇跡・恵みの時代ではない

神は普通であり実在する

終わりの日 神は超自然的イエスではなく

肉となった現実的な神で 人と変わらない

人が神を信じるのは

多くの業、言葉 そして行いゆえである

神の発する言葉が人を征服し完全にする

印や奇跡は信仰の核心ではない

神の行いで人は神を知る

各時代で違う性質

その業の違う部分を神は啓示する

しかしそれらの全ては今なお

神へのより深い理解と地に足のついた

本当の信仰を与える 真の信仰を

人が神を信じるのは

多くの業、言葉 そして行いゆえである

神の発する言葉が人を征服し完全にする

印や奇跡は信仰の核心ではない

神の行いで人は神を知る

神の実際の行いと

神がどう働き・語り・知恵を用い

人々を完全にするかを知ることだけで

神の現実を把握し性質を理解できる

神がどう人に働きかけるか把握せよ

神が何を好み嫌うかを理解せよ

そうすれば善と悪を見分けられ

神を知ることであなたの命は進歩する

人が神を信じるのは

多くの業、言葉 そして行いゆえである

神の発する言葉が人を征服し完全にする

印や奇跡は信仰の核心ではない

神の行いで人は神を知る

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知ること」より編集

前へ: 神の働きは測り知れない

次へ: 神の業が達成しようとする最終効果

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索