サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り

人が生きるための思想は

人の心を堕落させてきた

人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした

人は意志も決意もなく

貪欲で、傲慢で、わがままだ

あまりに弱くて

自らを超え

暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない


人の思いと生活は腐敗している

神への信仰についての人の見解は

未だにひどく 聞くに堪えない

人は意志も決意もなく

貪欲で、傲慢で、わがままだ

あまりに弱くて

自らを超え

暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない


人は皆、卑怯で、無力で、卑しくて、脆い

暗闇の勢力を憎まず

光と真理を愛するどころか

追い出そうとする

人は意志も決意もなく

貪欲で、傲慢で、わがままだ

あまりに弱くて

自らを超え

暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない

打ち砕く勇気がない


『言葉は肉において現れる』の「なぜ進んで引き立て役になろうとしないのか」より編集

前へ: 人類はもはや神が望むような存在ではない

次へ: 人間の性質はこの上なくひどくなった

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索