第二十章

聖霊の働きは素早く躍進し、あなた方を完全に新しい領域に連れて行く。つまり、神の国の本当の生活があなた方の前に現れる。聖霊の話す言葉はあなたの心の奥底にあるものを直接明らかにし、その結果として実像が次々にあなた方の目の前に現れる。義を渇望しているすべての人々、従う気持のあるすべての人々は必ずシオンに残り、新しいエルサレムにとどまるだろう。彼らは必ずわたしと共に栄光と賛美を得て、素晴らしい恩恵をわたしと共有する。あなた方の霊の目は開いていないが、いまや霊の世界にはあなた方がまだ見たことのない奥義がいくつかある。すべてのものは実に素晴らしく、奇跡や不可思議なこと、人々が考えもしなかったことが次第に明らかになるだろう。全能の神は、自身の最大の奇跡を示し、その結果、宇宙と地の隅々、そしてすべての国々、すべての民族は自分の目でその奇跡を見ることができ、またわたしの威厳、義、全能性がどこにあるのかを知ることもできるだろう。その日は近づきつつある。今は極めて重大な時期である──あなたは引き下がるだろうか、それとも絶対に後戻りせず最後まで耐えるのだろうか。誰にも、何事にも、目を向けてはいけない。世の中にも、あるいは夫や子供たち、または生活についての不安にも目を向けてはいけない。わたしの愛と憐れみにだけ目を向け、わたしがあなた方を得るために払った代価が何かを見なさい。わたしが何者であるかを見なさい。これらのことを知れば、十分な励みが得られるだろう。

その時はすぐそこまで来ており、わたしの旨は早急に達成されなければならない。わたしはわたしの名において人々を見捨てることはなく、あなた方すべてを栄光の中に引き入れるだろう。しかし、今は極めて重大な時期であることがわかる。次の段階に進むことのできない人は自分のために一生嘆き悲しみ、後悔するが、もう遅すぎるだろう。今あなた方の霊的背丈は、教会を建てられるかどうか、あなた方が互いに従うことができるかどうかという実地試験で試されている。この観点から見ると、あなたの服従は、実際は自分勝手な服従なのだ──一人の人には従うことができても、他の誰かに従うことは難しいと気づくような服従なのだ。人間的な観念を信頼しているならば、服従していられるわけがない。しかし、神の考えはいつも人間の考えを超えている。キリストは死に至るまで従い、十字架上で死んだ。キリストはいかなる条件も理由もまったく語らなかった。父なる神の意志である限り、キリストは進んで従った。あなたの現在の服従はあまりにも限られている。あなた方全員に言うが、服従とは人々に従うことではなく、むしろ聖霊の働きに従うこと、神自身に従うことである。わたしの言葉は内面からあなた方を新しくし、変えている。そうでなければ、一体誰が誰に従うのだろう。あなた方はみな他人に反抗的である。あなた方は時間をかけて、服従とは何か、どうしたら従順ないのちを生きることができるかを考えなければならない。もっと頻繁にわたしの前に来て、この問題を語り合わなければならない。そうすれば徐々に理解できるようになり、結果として心の中の観念や選択を捨てるだろう。わたしが行うこのやり方を人々が完全に理解するのは難しい。それは人々が如何に善良かとか、如何に有能かということではない──わたしは神の全能性を明らかにするために、最も無知な人々、最も取るに足らない人々を使う一方、それと同時に何人かの人々の観念、意見、選択を覆している。神の行いは実に驚くべきものであり、人々の憶測を超えている。

あなたが本当にわたしの証しをする者になりたいなら、真理を純粋に受け入れ、誤った受け入れ方をしてはいけない。わたしの言葉を実行することにもっと心を注ぎ、あなたのいのちが速く成熟することを求めなければならない。価値のないものを求めるようなことをしてはいけない。そのようなものはあなた方のいのちの向上にとって何の利益もない。いのちが成熟した時初めてあなた方は建て上げられたと言える。そうなった時初めて、あなた方は神の国に入ることができる──これに疑う余地はまったくない。それでもあなたにもう少し話をしたい。わたしはあなたに多くを与えたが、あなたはどのくらい本当に理解しているのだろう。わたしが言うことのうち、どのくらいがあなたのいのちで現実になっているのだろう。わたしが言うことのうち、どのくらいをあなたの生きる中でその通りに生きているのだろう。笊で水を汲むような無駄なことをしてはいけない──そんなことをすれば、結局何も獲得しないだろう。得られるのはむなしさだけである。他の人々は非常に容易に本当の利益を獲得した。あなたはどうだろう。武装せず、武器を何も携えずに、あなたはサタンを打ち負かすことができるだろうか。あなたはわたしの言葉にもっと依存して生きなければならない。わたしの言葉は自己防衛には最適の武器だ。あなたは次のことに注目するべきである。わたしの言葉を自分の所有物だと思ってはいけない。もしあなたがわたしの言葉を知らず、探し求めず、理解しようとせず、あるいはわたしと交流しようとせずに、自己満足しているならば、あなたは損害を被るだろう。いまや、あなたはこの側面を教訓とするべきであり、自分自身の考えを脇へやり、自分の欠点を補うために他の人々の力を借りなければならない。自分の望むことだけをしてはいけない。「歳月人を待たず」である。兄弟姉妹のいのちは日ごとに成長し、彼らは変化を経験し、みな日ごとに新しくなる。兄弟姉妹には力が生じるが、これは素晴らしいことである。ゴールまで全速力で走りなさい。誰も他の人に注意を払うことはできず、わたしに協力するために自ら進んで努力をするだけである。ビジョンを持っている者、将来の見通しを持っている者、落胆していない者、いつも前方を見ている者は間違いなく、勝利を得ることが保証されている。今は重大な時期である。落胆したり、弱気になったりしないよう気をつけなさい。すべてのことに前向きになり、振り返ってはならない。すべてを断念し、人間関係のもつれはすべて捨て、全力で追求しなければならない。あなたに最後の一呼吸が残っている限り、最後の最後までやり抜きなさい。このことだけが、称賛に値するのだ。

前へ: 第十九章

次へ: 第二十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

堕落した人間は神を体現できない

人は常に闇のとばりに覆われて、サタンの影響にとらわれたまま、逃れることができずに生きてきた。その性質はサタンに操られて、ますます堕落している。人は常に堕落したサタン的な性質の中に生きており、真に神を愛することができないのだと言える。そのため神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高…

働きと入ること(4)

人が聖霊の働きに従って本当に真理へ入れるなら、その人のいのちは春の雨後のタケノコのごとく急速に成長する。大半の人が現在有する霊的背丈から判断すると、人は誰もいのちを重要視しておらず、それどころか一見取るに足らない事柄に重点を置いている。さもなければ、彼らはあちこちへ突進し、どの方…

律法の時代における働き

ヤーウェがイスラエル人に行なった働きは、地上における神の起源の場所を人類の間で確立させたが、それは神が臨在した聖なる場所でもあった。神はその働きをイスラエルの人々に限定した。当初、神はイスラエルの外では働かず、むしろ働きの範囲を限定するため、神が適切とみなした民を選んだ。イスラエ…

神の働き、神の性質、そして神自身 1

本日の交わりのテーマは重要なものです。このテーマは神の働きが始まってからずっと議論されてきたものであり、すべての人にとって極めて重要な意味を持ちます。言い換えれば、これは信仰の道を歩むすべての人が直面する問題であり、同時に皆が直面しなければならない問題なのです。これは人間である以…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索