真理を理解し自由になれ

長年主を信じる中で

私はただ言葉や教義だけを語り

規則だけにこだわって ただ宗教儀式をしてきた

どの祈りも空しい自慢話だった

心の中で神に語りかけたことは一度もなく

御言葉を読む時に真理を求めたこともない

私は神の御心を熟考できなった

聖書の有名な節や句を覚えれば

真理の現実を持っていることになると思っていた

嘘さえつかないように注意すれば

誠実な人間になれると思っていた

たゆまず喜んで長年労苦すれば

天国に入り報いを得られると思っていた

全能神の言葉に呼び掛けられたのはなんと幸いなことか

私は神の声を聞き 神の下に戻った

私は御言葉から多くの真理を理解し

神の現れと働きを見た

神の裁きの言葉が不意に私を目覚めさせた

真理を求めることは神の御心に適っている

神を信じていても 刑罰や裁きを受けなければ

私の堕落した性質は変えようがない

神を知らず 神を畏れなければ

善い行いも偽物に過ぎない

人は神の義なる性質に背くことはできず

詐欺師が神の国に行きたいと願うのは夢に過ぎない

私は神の言葉を実践して経験し

真理を得て堕落から抜け出そうと決意した

何事にも真理を求め 真理を実践すれば

心は落ち着き安らぐ

私は忠実に本分を尽くし 喜んで神に奉仕する

祝福ではなく ただ神を愛することを求める

真理を理解した今 もう規則にこだわらない

神の前で生きる私は 自由になった

前へ: ペテロの例に倣って神を愛することを追い求める

次へ: もうろうとした中で目覚めて

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索