七つの雷鳴を放つ方


全能神は七つの霊の神である。この神は七つの目と七つの星の神でもある。彼は七つの封印は解き、巻物は彼によって全て開かれる。そして七つのラッパを鳴らし、七つの鉢と七つの疫病は彼の掌中にあり、彼の思いのままに解き放たれる。ああ、長く封印されてきた七つの雷鳴よ。その封印を解く時が来た!七つの雷鳴を開く方が私たちの目の前に既に現れた!全能神よ!あなたにあっては、全ては解放されており、自由で、困難なことはなく、全ては円滑に流れる。邪魔したり妨げたりするものはなく、全てのものはあなたに従う。従わないものは全て死ぬのだ!


全能神、七つの目を持つ神よ!全ては完全に透き通っており、全ては明るく、隠されたものはない。全てが明らかにされ、露わにされている。神にあっては、全ては水晶のように明瞭である。そしてこのようであるのは、神自身だけではなく、神の子たちも同様にこのようである。神と神の子たちの前に隠されている人はひとりもおらず、隠されている物事もひとつもない。全能神の七つの星は輝いている。彼によって教会は完全にされており、彼は自身の教会の使者を立てる。そして全ての教会は彼によって施される。彼は七つの封印の全てを解き、自身の経営(救いの)計画を実施し、自身の旨を全うする。巻物は神の経営(救いの)計画に関する神秘的な霊の言葉である。神はこれを開いて明らかにしたのである。全ての民は神の七つのラッパが響き渡るのを聞きなさい。彼にあっては、全てが示され、二度と隠されることはなく、悲しみとなることもない。全てが明らかにされ、全ては勝利に満ちている!


全能神の七つのラッパは、開かれた、栄光と勝利に満ちたラッパである。それはまた、彼の敵を裁くラッパでもある。勝利のただ中で、彼の角が掲げられている。彼は宇宙全体を支配するのだ!彼は七つの疫病の鉢を用意し、それらは目いっぱいまで傾けられて、すっかり敵の上に注がれた。彼らは神の燃える怒りの炎の中で焼き尽くされる。全能神は自身の権威を示し、彼の敵はみな滅びる。最後の七つの雷鳴は、全能神の前にもはや封印されてはおらず、全て開かれている。全て開かれているのだ。彼は七つの雷鳴で彼の敵を撃ち殺し、地を安定させ、それが神に仕えるようにさせ、二度と荒廃することのないようにする。義なる全能神よ!私たちはあなたの行いを永遠に賞賛します。あなたは止むことのない賛美に値する方。止むことのない歓呼と賞賛に値し、また高められるに値する方!

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第三十四章」より編集

前へ: 神は神の国で王権を振るう

次へ: 七つの雷鳴が玉座から発せられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すため…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索