何よりも神を悲しませるもの

わたしが人間に注いできた努力は、人間を愛することがわたしの本質であることを証明している。また、わたしの前で人が為す行動や行為は、真理を憎みわたしに反抗する人間の本質を証明した。わたしはわたしに従ってきたすべての人たちのことをいかなる時にも気にかけているが、わたしに従う人たちはわたしの言葉をいつも受け入れようとしない。彼らはわたしから出る提案でさえ、ひとつとして受け取ることがまったくできない。これがわたしをもっとも悲しませることである。たとえわたしの態度が誠実で、わたしの言葉がやさしくても、誰もわたしを理解することなどないし、その上、誰もわたしを受け入れることができない。


みな、わたしにまかされた仕事を、自分本来の意図に従って行っている。彼らはわたしの意図を求めることもなく、ましてや、わたしの要望など尋ねることなどない。みなわたしに逆らっているのに、彼らは依然としてわたしに忠実に仕えていると主張している。多くの人たちは、自分が受け入れられない真理、あるいは自分が実践できない真理は、真理ではないと信じている。そのような人たちにとって、わたしの真理は否定され、投げ捨てられるものになっている。それと同時に、わたしは言葉においてのみ神として人間に認められる者となったが、また真理でも、道でも、いのちでもない部外者とみなされるようになった。


『言葉は肉において現れる』の「あなたがたは自分の行いを考慮すべきである」より編集

前へ: あなたがたの心には不義しかない

次へ: 神によって完全にされる機会を逃がせばあなたは生涯後悔するだろう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消す…

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索