神の国が完全に降臨する時


神の国が完全に地に降臨する時

全ての人は本来の姿を取り戻すだろう


神は玉座の上から楽しむ

神は星の間に住み

天使たちは心から神に

新しい歌と踊りを捧げる

もう自身の弱さで

天使は神の前で泣くことはない

不幸を訴える者はいなくなるだろう


神が全ての栄光を得る日は

人が安息を楽しむ日だ

もうサタンに惑わされ

奔走することはない

世界は前進することを止め

人々は安息の中で生きる


神の国が完全に降臨する時

神の国が完全に降臨する時


天空の無数の星々は

完全に新たにされた

天地の山と川は変えられた

太陽・月・人・神も変わったので

万物も変わるだろう

これが神の最終目的だ

神の素晴らしい計画は達成される


神の国が完全に降臨する時

神の国が完全に降臨する時

『言葉は肉において現れる』附録「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第二十章」より編集

前へ: 神が人に授ける最高の祝福

次へ: 神の人類への最後の約束

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索