誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し

人のどんな酷い行いも心にとめず

父に託された業を全うするのみ

誰が神の素晴らしさに気づくだろう

神の子以外の誰が父なる

神の重荷を気にかけその意志を知るだろう

人類よ いつになれば神の心を思い

神の意図を理解するのか

神は地に来て

人の世の苦難を受ける

なぜ罪の無い神が人と同じように苦しめられるのか

誰が神の心を理解するだろう

神は人に溢れる程与える

その心に人はどう報いよう

天にいる神の霊は案じる

地にいる神の子は父の意志を求め

頻繁に祈り 心配し 心裂かれる

父なる神が子に抱く愛を誰が知っているだろう

どんなに子が父を慕っているか

誰が知っているだろう

父と子は天と地に離れていても

霊においては近く見つめ合っている

父と子はいつも互いに依り頼むのに

なぜ天と地に離れて別れたのか

父と子は愛しあっている

なぜ神は気をもみ待ち侘びるのか

別れて間もないが

幾日も父は子の早い帰りを待ち焦がれている

神は見守り静かに座り

子の帰りを待つ

いつ地を彷徨う子と再会するのか

再会すれば永遠に一緒だが

天と地に別れている

幾千日をどうして忍べよう

神は地に来て

人の世の苦難を受ける

なぜ罪の無い神が

人と同じように苦しめられるのか

誰が神の心を理解するだろう

神は人に溢れる程与える

その心に人はどう報いよう

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(4)」より編集

前へ: あなた方は何を神に報いたのか

次へ: 誰も神の意志を理解しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索