誰が神の心を理解できるだろう

地にいる神は常に黙し

人のどんな酷い行いも心にとめず

父に託された業を全うするのみ

誰が神の素晴らしさに気づくだろう

神の子以外の誰が父なる

神の重荷を気にかけその意志を知るだろう

人類よ いつになれば神の心を思い

神の意図を理解するのか

神は地に来て

人の世の苦難を受ける

なぜ罪の無い神が人と同じように苦しめられるのか

誰が神の心を理解するだろう

神は人に溢れる程与える

その心に人はどう報いよう


天にいる神の霊は案じる

地にいる神の子は父の意志を求め

頻繁に祈り 心配し 心裂かれる

父なる神が子に抱く愛を誰が知っているだろう

どんなに子が父を慕っているか

誰が知っているだろう

父と子は天と地に離れていても

霊においては近く見つめ合っている


父と子はいつも互いに依り頼むのに

なぜ天と地に離れて別れたのか

父と子は愛しあっている

なぜ神は気をもみ待ち侘びるのか

別れて間もないが

幾日も父は子の早い帰りを待ち焦がれている


神は見守り静かに座り

子の帰りを待つ

いつ地を彷徨う子と再会するのか

再会すれば永遠に一緒だが

天と地に別れている

幾千日をどうして忍べよう

神は地に来て

人の世の苦難を受ける

なぜ罪の無い神が

人と同じように苦しめられるのか

誰が神の心を理解するだろう

神は人に溢れる程与える

その心に人はどう報いよう


『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(4)」より編集

前へ: あなた方は何を神に報いたのか

次へ: 誰も神の意志を理解しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索