神を畏れる人だけが尊厳を持って生きる

もし神を畏れる従順な心がないなら

もし真理を理解せず行動する際

原則に疎く戸惑うのなら

あなたには尊厳すらもない

尊厳と気骨を持ち生きなさい

神を畏れる心を持ちなさい

尊厳と気骨を持ち生きなさい

神に従う心を持ちなさい


あなたが聞いた高尚な説教 知る教義

あなたの理解は余り重要でなく

最も重要なことに立ち返り

真理を求めなければならない

尊厳と気骨を持ち生きなさい

神を畏れる心を持ちなさい

尊厳と気骨を持ち生きなさい

神に従う心を持ちなさい


真理を求め従い畏れなさい

これが何よりも第一の基本

尊厳と気骨を持ち生きなさい

神を畏れる心を持ちなさい


前へ: 神を畏れる者だけが幸福

次へ: ヨブがサタンに勝利した証拠

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索