誰が神と一致するのか

神は無数の言葉と

神の意志と性質を表したが

人は神を信じ従うことができない

どうしたら神と一致するのか

神の敵にならないのかではなく

祝福と報いだけを考える

神は失望した

神が沢山与えたとしても

人から得るものは少ない

聖書の中に生きる人

十字架の上で生きる人

律法の中で生きる人

教義により生きる人

神の今日の働きの中で生きる人

この中の誰が神と一致するのか

人の傲慢・貪欲

派手な欲望・裏切り・不従順

この中のどれが神の注意を逃れられるか

人は神を辱めごまかし

騙し利用し犠牲を強要する

どうして神の罰を逃れられるか

人の悪行は神への敵意の証拠であり

人は神と不釣り合いだ

聖書の中に生きる人

十字架の上で生きる人

律法の中で生きる人

教義により生きる人

神の今日の働きの中で生きる人

この中の誰が神と一致するのか

『言葉は肉において現れる』の「キリストと融和する道を探せ」より編集

前へ: 神に味方する人はあまりにも少ない

次へ: 神と融和している証拠はどこに

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索