質問 4:中共の政権下では真の道を受け入れると逮捕され迫害を受け死刑になることもあります。中共はなぜ全能神の働きを恐れるのでしょう?

回答:全能神教会を徹底的に弾圧しようと共産党政府は全国を駈けずり回り、キリストを追跡し、神様の選民を迫害していますから、中国で真の神様を信じ本分を尽くすことは本当に危険ですが、宗教の人や未信者は私達が迫害され非難されてもまだ全能神を信じる理由が理解できないのです。それは全能神が真の神であり、贖い主の再臨で全能神だけがサタンの悪影響から私達を救い罪から解放し素晴らしい終着点へ導いてくださるからです。終わりの日に全能神を信じるか否かで運命が決まります。聖書に「全世界は悪しき者の配下にある」とあります。世界はサタンの支配下であるという意味で全人類はサタンの支配下で堕落しきっており、人間性のかけらもありません。終わりの日に全能神が現われ、サタンの影響で堕落した人類を救い神様の元へ戻し、これで私たちは真の生き方をして素晴らしい終着点へ行けるのです。全能神を信じるしかないのです。中共が全能神を憎み全能神教会を弾圧し迫害する理由ですがなぜでしょう? ご存知のように中共は全能神教会を非難し罪をなすりつけ評判を落とそうとし神様の選民を逮捕して迫害し、無神論国家として中国人民を永遠に支配するため闇の政権を維持したいのです。権力をほしいままにするためです。結局全国民を地獄に投げ込むのです。中共は最も真理を憎む神様を憎む悪魔的な政権で、世界で全能神だけが真理を示し終わりの日の裁きの働きと清めと救いをしていることを知っています。ネットでも全能神の言葉は広まっているので、誰にでも学べます。中共は全能神の言葉が広く知れ渡ることを恐れています。真理と正義を愛する人が全能神に目を向ければ真理を憎み神様に逆らう中共の悪の本性がさらけ出され人類全てに拒絶されて打ちのめされ踏みつけられて永久に腐った臭いを発しますから、二度と中国に姿を現し人々を堕落させ傷つけることができなくなります。だから全能神が示した真理を憎み、全能神教会を憎み人が真の道を受け入れ全能神に従おうとするのを妨害するのです。サタンの計略に気づかず、中共のうそに引っかかり束縛され操られたままでは救いようのない愚か者です。

映画『勝利の凱歌』より引用

前へ: 質問 14:しかし、多くの兄弟姉妹が心では牧師や長老たちを崇拝しています。彼らはしばしば聖書を解釈し、讃えていたにもかかわらず、なぜ真理を忌み嫌い、受肉された全能神に未だに反抗し、非難するのかは理解していません。聖書を解釈し、讃えることは、主について証し、讃えることと同じでしょうか?

次へ: 質問 5:中共はいつか崩壊するからそれまで待てば苦労することもないと思っていた。でも中共の悪行は私達を地獄へ落とすことなのね。もし中共が崩壊してから全能神を信仰しても終わりの日の神様の救いを受け神の国に入ることができるのですか? それとも救われないのでしょうか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:聖書は神様の業の証しであり、人類に驚くべき利益をもたらしました。聖書を読むと、神様は全ての創造主であり神様の驚異的で偉大な行い、そしてその全能性が理解できます。聖書は神様の言葉の記録であり、神様についての人の証言ではあるものの、ではなぜ人は聖書を読むことによって永遠の命を得ることができないのだろうか? なぜ永遠の命の道については書かれていないのでしょう?

回答:聖書を読むと、神様は全ての創造主であり、私達は神様の驚くべき行いに気づき始めます。これは聖書が神様の最初の2段階の御働きを証しするものだからです。律法の時代と恵みの時代の神様の御言葉と御働き、そして人の証しの記録だからです。ですから、聖書は私達の信仰にはとても重要なのです。…

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

質問 2:私は神を見たことがないし、神のどのように働いたり世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識して受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは宗教的信仰は精神的な栄養に過ぎないと思います。人類の精神的空洞を埋めるものです神を信じる人たちも最終的には皆死にますね。そして死んだ人のうちだれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて誰も知らないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で非現実的です。科学が発達し人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり現実です。これはだれも否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在を証明もしていません。もし科学が神の存在を証明し、神がすべてを支配していることも証明出来たら神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ発展させることによってのみ人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じることによって人は何を得られますか? 一時的な精神的な安心以外に何の役に立つのですか。実際的な問題には何の役にも立ちませんよね。従って科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。私たちは科学を信じなくてはなりません。

回答:無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか? これは科学が真理などではないことの裏付けではありませんか。科学は人間社会の最も現実的な問題を解決できます…

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索