神は今まで働いてきたのに、あなたは何故わからないのか

真の神は地上で働き、肉の姿を見せた。それは人に自身を知らせ

人の心、人の愛を勝ち取るため

だがあなたはこれをまったく知らず、かたくなに奇跡を探す

ああ、どうして神の御心がわからない 

神が風と共に来て、雨と共に去るのは誰のため

ああ、神は今まで働いてきたのに、なぜわからない

どれほどの愛を神は人に与えたか。それでも人は気づかない


受肉した神を信じると言いつつ、人は漠然とした神を求める

神の言葉がいかに成就するかを想像し、高き神を見ることを待ち望む

だが神の言葉の精錬で初めて、人は実際の神を知る

ああ、今までの求めはすべて空しかったのだ

神が語り、働く形は実に多い

ああ、神は今まで働いてきたのに、なぜわからない

神の働きを知らずに、何が完全にされると言うのだ


人は従順と愛の欠片もなく、自分の観念をもっていつも神に要求する。

これほど実践的な神の働きが、どうして人の想像と一致するのか

自分の観念にしがみつき、無理な要求をする。それでは駄目だ。

ああ、神の愛を忘れてはならない

神の心と意志をわかろうとしなさい

ああ、神は今まで働いてきたのに、なぜわからない

無情になってはならない。神の心を気遣うべきだ


愛するなら、真剣に愛せよ。中途半端では意味がない

何が真で何が偽りかをごまかせば、無駄に年月を過ごすだろう

神が語った数々の言葉の一つ一つが、人を完全にする

ああ、なぜ神の心がわからない

なぜ真理を求めず、常に神に逆らうのだ

ああ、神は今まで働いてきたのに、なぜわからない

自分のいのちをなるべく早く変えようとし、神の心を慰めなさい

前へ: 真理を得るまで私は休まない

次へ: 悔い改め

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索