神を証しするには性質の変化がなければならない


神の様々な働きは人の性質を変える

変化なくして証し出来ず

神の心にも適わない

性質が変化した人は

サタンと闇から解かれて

神の働きの模範となる

神の心に適う、神の証し人

神の証し人は神を認識しなければならない

この証しだけが本物で

サタンを恥じ入らせる

刈り込みと取扱いと裁きを通し

神を知った人々を神は用いて

神を証しさせる

神は堕落した者や

自分の性質を変えて神に祝福された者たちに

神を証しさせる


今日、受肉した神が

業を為すため、地に来た

神が人に求めるのは

神を知り、従い、証しすること

正常で実際的な働きを知り

人の意に反する働きと言葉に従い

また人を救い征服するための神の業を証しすること

神の証し人は神を認識しなければならない

この証しだけが本物で

サタンを恥じ入らせる

刈り込みと取扱いと裁きを通し

神を知った人々を神は用いて

神を証しさせる

神は堕落した者や

自分の性質を変えて神に祝福された者たちに

神を証しさせる


神は口先の賛美や

サタンのようなものからの賛美や証しはいらない

神を知る者だけが本当に証し出来る

証しにふさわしいのは変えられた者だけだ

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: 神が重点を置くのは人の心である

次へ: 現実を生きることによってのみ、あなたは証しすることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索