私たちは終わりの日のキリストの証し人

何千年にも渡り 人間は堕落し

酷すぎて見るに堪えない

名声と富を追いかけて

罪の中に生き 人間性と良心を失った

私たちは幸運にも終わりの日に生まれ

救い主の再臨を迎える

御言葉の一つ一つが真理なのを見て

私たちの心は征服された

裁きと刑罰を通して堕落が清められる

神が真理だと固く信じ

その足跡にしっかりと従う

御言葉はひどい迫害や困難の中で

私たちを導いてくれる

神の愛を経験し

私たちは鉄の意志で神に従う

苦難を通して新しいいのちが与えられて

勝利の証しをする

義の太陽が現れた!

私たちはみな神の証し人だ!

神は人を救うために肉となり

そして酷い屈辱を受け苦しんだ

神は拒絶されたが

不平も言わず後悔もせず誤解に耐えられる

塵のような私たちが神に引き上げられることは

真に幸運である

私たちが得る真理といのちは

神の大いなるやさしさによるものだ

私たちは神に寄り添い

神とともに歩む

誠実であることを実践し

必ず神の承認を受ける

道の終わりまで

私たちは本分を尽くし 神を満足させる

困難と痛みの中でも

不平を言わず神への真の愛を求める

真の愛を求める

苦難を通して新しいいのちが与えられて

勝利の証しをする

義の太陽が現れた!

私たちはみな神の証し人だ!

前へ: 神を愛する道で勇敢になりなさい

次へ: 神は今なお私たちを愛している

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索